トップメッセージ

総合的なソリューションで社会の持続的発展に寄与するために。これからは多様な力が必要。ヤンマーエネルギーシステム株式会社 代表取締役中島史雄

ヤンマーエネルギーシステムは、ヤンマーグループにおけるエネルギーシステム事業全般を担い、発電や熱エネルギーはもとより、夏場などの電力ピーク時に電力消費量を大幅に低減することができるガスエンジンによるエアコンなど、空調のシステムも含めた総合的なエネルギーソリューションを提供しています。

当社の強みは、機器の開発から製造、販売、施工、メンテナンスまで一貫して対応できる点にあります。加えて、業界に先駆けてバイオガスを活用したエンジンの開発に積極的に取り組み、低カロリーのガスでも安定して稼働できるエンジンを実用化するなど、時代の先を見すえた研究開発に注力してきました。
また当社は省エネルギーや災害時の電源・エネルギーバックアップに関するBCP(事業継続計画)といった社会の要請に的確に対応し、エネルギー利用の新たな可能性を追求してきています。
こうした機器の開発・製造およびシステムのエンジニアリングを通じたソリューションは、日本国内はもちろん北米などにも広がっており、事業の拡大は世界規模で進行中です。今後は、エンジンの開発・製造で培った技術、強みをさらに進化させて、エネルギーの有効活用に向け、システム全体でグローバルにソリューション提案してまいります。
さらに、IoTの時代が拡がっていく中でAIの活用も視野に入れた、エネルギー・マネジメント・システム(EMS)の開発と提案に努めます。電力と熱、両エネルギーのトータルコントロールを通じて、都市の再開発など社会の発展に貢献していく考えです。

このようにエネルギーシステム事業には、未来を見すえて挑戦できるテーマが数多くあります。また、お客様のニーズも多岐に渡るようになった昨今、当社としてもそのニーズにお応えできる体制を整えることが必要です。そのため、社員の多様化も進めており、電気電子系や機械系の人材だけではなく、バイオ分野を専攻している社員の採用などを実施しています。今後もその多様性は拡がりを見せていくと考えています。

エネルギーに関わる技術やソリューションを通じて、「社会の役に立ちたい」と思う人の力はこれからもっと必要になります。未来を見すえて挑戦できる数々のテーマに、若い方々もぜひご入社いただき、私たちと一緒になって取り組んでほしいと願っています。