事業の枠を超え、より豊かな未来に向けて

ヤンマーは、“A SUSTAINABLE FUTURE”の実現に向けたさまざまな事業活動に加えて、国内外で事業の枠を超えた「次世代育成活動」と「文化醸成活動」に取り組んでいます。

次世代育成活動では、公益財団法人 山岡育英会、一般財団法人 山岡記念財団などの活動、ヤンマーミュージアムを通じた体験学習を子どもたちに提供しています。

また、文化醸成活動では、サッカーやマリンスポーツのサポート、生産者と消費者をつなぐプレミアムマルシェの開催による新しい“農” の追求などに努めています。

次世代育成活動

公益財団法人 山岡育英会の活動

山岡育英会は、ヤンマーの創業者・山岡孫吉が、世界の平和と繁栄・文化の向上に寄与する人材の育成を目的として1950年に設立した奨学財団です。当会の奨学金給貸与を通じて、これまでに約5,800名が学業を修了し、社会の各分野で活躍しています。

2013年度からは、従来の国内の高校生・大学生・大学院生・留学生への奨学金給与事業に加えて、タイとインドネシアで「東南アジアジュニアハイスクール奨学生事業」を開始しました。奨学金希望者に「ヤンマーフットボールクリニック」と銘打ったサッカーイベントで元Jリーガーの指導を受けてもらい、そのなかからサッカーのスキル、学業成績、経済的支援の必要性を加味して奨学生を選定しています。2019年度は、タイ63名、インドネシア41名の新規奨学生を決定し、奨学生採用証書授与式を現地で行いました。

また、タイでは2016年7月、バンコク近郊に学生寮を建設し、奨学金事業をシニアハイスクール生に拡充。さらにインドネシアでは、2018年の国交樹立60周年を機に対象を大学生に拡大し、ダルマプルサダ大学への奨学金事業を開始し、2019年にはボゴール農科大学を対象校に追加しました。

研究発表会に参加した大学院生、留学生
研究発表会に参加した大学院生、留学生
研究発表会に参加した大学院生、留学生
在籍者(2020年3月現在)
大学院生 留学生 高校生 国内計
32名 7名 24名 63名
タイ インドネシア 海外計
114名 101名 215名

一般財団法人 山岡記念財団の活動

山岡記念財団は、山岡孫吉のディーゼル博士とドイツに対する感謝の思いを継承することを目的に2016年11月に設立されました。日独の学術・文化・スポーツ交流を中心として、広い意味で持続可能な社会を次世代につなぐために事業展開を行っています。

2019年度は、ドイツ・アウグスブルク市と、尼崎市・長浜市の姉妹都市提携60周年の年にあたり、5月10日にアウグスブルク市庁舎にて記念式典が開催されました。両市をつないだヤンマーを代表して山岡社長(山岡記念財団 代表理事)が招待を受け、尼崎・長浜両市長とともに式典に出席しました。また記念事業の一環として、5月11日にはドイツを本拠地として活躍されている世界的指揮者の大植英次氏による公開レッスンコンサートを開催。多くのアウグスブルク市民が見守るなか、市立尼崎高校、および市立尼崎双星高校の吹奏楽部30名と、現地の聖ステファン高校の生徒30名が参加しました。

スポーツ事業では、8月13日にセレッソ大阪ユースのメンバーが、FCアウグスブルグ ユースのメンバーと、FCアウグスブルク・ユーストレーニングセンターで親善試合を行いました。アウグスブルク市と尼崎市・長浜市の姉妹都市提携の親善大使としての役割を果たすと同時に、ヤンマーとアウグスブルクの交流の歴史についても理解を深めました。

学術事業では、日独の若者文化・ライフスタイルに関する研究をする若手研究者への助成を行い、助成に採択された研究者の成果発表の場として、「若者文化シンポジウム」を開催。またシンポジウムには、次年度の研究助成採択者も来場し、研究助成決定通知書の授与式も行いました。

文化事業では、大植英次氏による中高生吹奏楽部の皆さんを対象とした公開レッスンコンサートを尼崎市と長浜市で開催しました。

次世代を担う若者をはじめ、より多くの皆様に対し、学術・文化を通じて日独の交流を図り、国連が提唱するSDGs実現の一翼を今後も担っていきたいと考えています。

山岡社長 記念品贈呈
アウグスブルク市、尼崎市・長浜市 姉妹都市提携60周年記念式典
セレッソ大阪 VS FCアウグスブルク ユース親善試合
公開レッスンコンサート
若者文化シンポジウム
研究助成決定通知書 贈呈式

子ども絵画展

兵庫県洲本市大野小学校1年生の濱口昂大さんの作品『田んぼに水が入ったよ。』

ヤンマーは、子どもたちがふるさとの素晴らしさを発見することを通じて、水と土への関心を高めてもらうことを目的に、全国水土里ネット(全国土地改良事業団体連合会)、都道府県水土里ネット(都道府県土地改良事業団体連合会)が主催する「ふるさとの田んぼと水」子ども絵画展に協賛しています。

第20回(2019年)には全国から5,224点の応募があり、農林水産大臣賞以下入賞24点、入選129点が決まり、ヤンマー賞には濱口昂大さん(兵庫県洲本市大野小学校1年)『田んぼに水が入ったよ。』を選出しました。

ヤンマー学生懸賞論文・作文

ヤンマー学生懸賞論文・作文の入選発表会(論文入賞者の皆さん)
「ヤンマー学生懸賞論文・作文」の入選発表会(論文入賞者の皆さん)

ヤンマーは、次世代を担う若者たちに農業と農村の未来について自由な発想から論じてもらうことを趣旨として、1990年から「ヤンマー学生懸賞論文・作文」の募集を行っています。

第30回となる2019年は、引き続き「“農業”を“食農産業”に発展させる」をテーマに、全国から論文48編、作文522編の応募がありました。論文の部の大賞は「途上国の農業発展を目指して~グローバル・フードバリューチェーンの観点から~」(金沢大学人間社会学域 経済学類2年・松村妙子さん)、作文の部の金賞には「肉用牛農家となるための責任と覚悟 ~生命ある産業動物を管理するということ~」(鹿児島県立農業大学校 畜産学部 畜産研究科1年・石山翔平さん)がそれぞれ選ばれました。

近年、農業を取り巻く環境が大きく変化する中、ヤンマーグループは持続可能な農業を目指し、農作物の生産からその先にある加工、流通などを含めた"食"に対するソリューションの提供や、生産物の高付加価値化などに取り組んでいます。これからも、論文・作文の活動を通じて、次世代を担う皆さんと一緒にさまざまな農業・食料生産のあり方について考えていきます。

文化醸成活動

スポーツスポンサーシップ

私たちは、スポーツが国境や人種、世代、言葉の壁を越えて与えてくれる喜びや感動の瞬間を生み出す力を通じ、ヤンマーのブランドやメッセージを伝えるため、ヤンマーが目指す“ワクワクする心豊かな体験に満ちた社会”と親和性の高いスポーツを応援しています。

欧米においては米国メジャーリーグサッカークラブ、「ニューヨーク・レッドブルズ」への協賛を実施しています。東南アジアではタイ・ベトナムの個別サッカークラブへの協賛とサッカーベトナム代表チームへの協賛、「東南アジアサッカー選手権2020年大会」(AFF SUZUKI CUP2020)のオフィシャルスポンサーを務めています。

サッカーベトナム代表チームへの協賛に際しては、経済的な支援だけではなく、ベトナム代表の練習場(YANMAR FIELD)でのヤンマー製品(トラクター)や、セレッソ大阪が持つ芝管理技術の活用など、技術的な面でのチームのサポートも行っています。

マリンスポーツは、ヤンマーのマリン関連事業との関係が深いスポーツで、「アメリカズカップ」等をパートナー企業としてサポートしています。

  • 協賛活動等のスポンサー契約は2020年現在のものです
ニューヨーク・レッドブルズ
YANMAR FIELD(ベトナムサッカー連盟の公式練習場)

セレッソ大阪

ランドセルカバーを贈呈するセレッソ大阪の森島寛晃社長
セレッソ大阪のロゴ

セレッソ大阪は、1957年に創設したヤンマーサッカー部を母体として、1993年のJリーグ発足に合わせて誕生、翌1994年にJリーグに昇格しました。これまで森島寛晃選手、香川真司選手、乾貴士選手、南野拓実選手をはじめとする数々の日本代表選手、海外リーグで活躍する多くのプレイヤーを輩出してきました。

2020年は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で医療現場の防護服が不足していることを受けて、大阪市と協議のうえ、雨天時の試合観戦用ビニールポンチョを1万2千枚寄付しました。また大阪市内の小学校へ、交通事故防止に役立つ反射テープ付きのランドセルカバーを贈呈するなど、サッカー以外にも地域社会に貢献する活動を行っています。

ヤンマーはセレッソ大阪の発足以来、スポンサーシップを続けています。さらに2014年からは、セレッソ大阪ホームスタジアムである長居陸上競技場(第1・第2)のネーミングライツを取得し、「ヤンマースタジアム長居」、「ヤンマーフィールド長居」として、サッカーをはじめさまざまなスポーツやイベントを通じた豊かな生活文化の醸成に貢献しています。

ヤンマーはこれからもセレッソ大阪を通じて、次世代の子どもたちをはじめとする多くの人々とともに「ワクワクできる心豊かな体験に満ちた社会」の実現を目指していきたいと考えています。

サポート・お問い合わせ