「地域社会と共に歩み、共に生きる」を基本に独自の社会貢献活動を展開しています

社会貢献活動

基本的な考え方

ヤンマーグループは、持続可能な社会の実現には地域社会の発展が欠かせないと考えています。国内外における当社グループの事業所がある地域はもとより、当社グループの事業活動が影響を及ぼす可能性のある地域の課題把握に努め、地域と連携しながらその解決に取り組んでいます。環境保全活動のほか、地域活動への参画、災害復興支援、国際交流、雇用創出・就労支援などを推進しています。

国内の各地域に根ざした支援・活動に取り組んでいます

「NPO法人梅田ミツバチプロジェクト」の支援

ミツバチ学習の様子
ミツバチ学習の様子

ヤンマーは、社員の提案により2011年から始まった都市養蜂活動「梅田ミツバチプロジェクト」の支援を行っています。

ミツバチは都会の木々や草花の受粉を行い、実をつける一助を担います。実を目当てに野鳥が集まり、食べた実の種子を運び新たな緑の息吹が芽生えていきます。生態系の連鎖になくてはならないミツバチの役割を伝えながら、地域の緑化推進を続ける同プロジェクトの活動は、自然と共生して発展を続けるヤンマーの業態と共鳴する点もあり、ヤンマーが地元で行っているCSR活動との連携も行ってきました。

同プロジェクトは、ヤンマー本社ビルの社員食堂「Premium Marché OSAKA」の中央庭園に巣箱を設置し、養蜂活動を行っています。近隣地域の小学生や地元住民を招き、ミツバチの生態を紹介する環境学習なども実施しており、ヤンマーはこの活動をサポートしています。

「ヤンマーこだわりの野菜カレー」を大阪府内の子ども食堂などに寄贈

ヤンマーホールディングスは、2020年6月に「お母さん業界新聞社」を通じて大阪府内の子ども食堂など7カ所の団体・店舗に「ヤンマーこだわりの野菜カレー」900食を寄贈しました。

寄贈したカレーは、滋賀県にあるヤンマーミュージアムで提供しているもので、小さなお子さんにもおいしく食べていただけるよう甘口に仕上げており、野菜の栄養も豊富に含んでいます。

「お母さん業界新聞社」では、子育て中のお母さんを応援するさまざまな活動を行っています。新型コロナウイルスによる経済的影響を受けている家庭が多いなか、当社は食づくりに長く関わってきた企業として、家庭の食事を支えるお母さんとお子さんの楽しい食事を応援したいという想いでこの度の協力を行いました。

7か所の団体・店舗に「ヤンマーこだわりの野菜カレー」を寄贈

「大輪会」に参加し環境保全活動を行っています

竹林の整備活動の様子
竹林の整備活動の様子

ヤンマーは、関西を基盤とする企業グループで構成される大輪会を通じて環境保全活動に参画しています。

大輪会は、地元大阪を花と緑で活性化する活動や支援を各地で行っており、なかでも企業と大阪府民が協働で整備する泉佐野丘陵緑地の公園づくりには2008年から参画しており、大阪府やボランティア団体「泉佐野丘陵緑地パーククラブ」と共に、竹林の管理作業を行ってきました。さらに、ボランティアに必要な知識や技術を身に付けるための講座の開講や、花苗の供給、公園の整備などの活動を継続しています。

社内では、引き続きイントラネットでボランティアを募集しており、今後も、泉佐野市の地元企業や一般市民の方にも参加いただける「みんなの森活動」として、活動の輪を広げていく予定です。

なお、ヤンマーは過去に「泉佐野丘陵緑地パーククラブ」へ自社製品である重機を寄付しています。

「SDGsトレイン 未来のゆめ・まち号」の運行に協賛

ヤンマーは、阪急阪神ホールディングスが進める「阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト」の10周年を記念して企画された「SDGsトレイン 未来のゆめ・まち号」の運行に協賛し、SDGsの啓発メッセージを発信しました。

SDGsトレインは、阪急阪神ホールディングスがまちの環境を良くする「地域環境づくり(環境づくり)」と、まちの将来を担う「次世代の育成(人づくり)」を重点領域として活動する社会貢献活動「ゆめ・まちプロジェクト」の一環として運行されています。

ヤンマーは2019年、SDGsの取り組みに先進的な協賛企業7社のうちの1社としてプロジェクトに参画し、グループとして取り組んでいるSDGsの活動を車両内のポスター掲示などで紹介しました。なお、2020年9月から「SDGsトレイン2020」として運行されています(ヤンマーグループのポスター車両内掲示は、2020年8月の運行をもって終了しました)。

阪急電鉄・SDGsトレイン
阪急電鉄「阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト」
車両内に掲出されたポスター
車両内に掲出されたポスター

国内グループ会社の主な社会貢献活動一覧(上記の活動以外)

国内グループ 活動内容
ヤンマー本社サイト 日本財団が主催する「夢の貯金箱」活動に参加
(⇒当自動販売機の商品を購入した場合、1本につき10円が「夢の貯金箱」に寄付され、寄付金は、社会貢献活動を行うNPOに全額支出される)
梅田東地域の美化活動「季節の花」の配置、水やりを実施
スノーフェスティバル協賛とそれに伴う清掃ボランティア
梅田東地区における放置自転車追放街頭キャンペーンを実施(大阪市、近隣企業との協働)
マリンピアむさし海浜公園の漂流ゴミを回収
ヤンマーグローバルエキスパート(株)東京支社 日本財団が主催する「夢の貯金箱」活動に参加
ヤンマーパワーテクノロジー(株)小形事業部 構内・構外周辺清掃・草刈り
琵琶湖一斉清掃への参加
琵琶湖岸での清掃およびヨシ植え作業
淡海エコフォスターに参加し、工場周辺を清掃(月1回)
地球温暖化対策の一環としてグリーンカーテンを設置
ライトダウン活動の実施(毎月2回19:00に一斉消灯)
ヤンマーパワーテクノロジー(株)特機事業部(尼崎工場) 地域サッカー教室へのグラウンド貸し出し(有料)
工場周辺の清掃
段ボール、古新聞を地元小学校に寄付
ライトダウン活動の実施(毎週水曜日は18:00に一斉消灯)
尼崎市わがまちクリーン運動に参加
敷地内の緑地面積拡大、壁面緑化を推進
「打ち水大作戦」に参加
サッカーグラウンドの人工芝化により、砂埃の飛散を防止
社員こども工場見学を実施
老朽更新、新規設置を含む室外機9台をGHP化
近隣町会の夏休みこども工場見学を実施(年1回)
工場照明の一部をLED化
電気コンプレッサー2台分をエンジンコンプレッサーで運用し、節電
夏場の温水器トイレジェットエアーの停止による節電(6月~9月)
大形機関の試運転電力回生の対象工場を拡大
昼休みに障がい者施設のスイーツ販売会を実施
近隣町会の運動会会場として体育館を無償で貸与
保育園・幼稚園の運動会、消防署の避難訓練などの会場としてサッカーグラウンド、体育館を貸与
工業高校、大学などのインターンシップを受け入れ
厚生棟を保育園の避難訓練場所として受け入れ
たそがれクリーンキャンペーン(JR尼崎駅周辺の清掃活動)に参加
「海ごみゼロウィーク活動」(神崎川河川敷の清掃活動)に参加
ヤンマーパワーテクノロジー(株)特機事業部(塚口工場) 社員、社員家族、地域など工場見学の実施
工場周辺の掃除
尼崎市わがまちクリーン運動(阪急塚口駅周辺の清掃活動)に参加
壁面緑化(ゴーヤカーテン)
ライトダウン活動への協力(毎月最終水曜日は18:00に一斉消灯)
まちなみクリーンフェローシップ(JR立花駅周辺の清掃活動)に参加
ヤンマーホールディングス(株)中央研究所 子どもが安心して暮らせる環境を確保するために「こども110番」に協力
米原市の国道やスーパーなどで、交通安全運動に関する啓蒙活動を実施
米原市エコフォスター活動として、中央研究所とJR米原駅東口間の歩道を清掃(月1回)
淡海エコフォスターに参加し、事業所周辺を清掃(月1回)
朝の通学時間時に交通指導を実施
敷地の一部を公開緑地とし、周辺住民に親しまれる緑地空間を提供
敷地内の緑化推進、国道8号線沿いの緑化面積拡大
琵琶湖一斉清掃への参加
研究所内に設置されている自動販売機の売上の一部を、ヤンマーミュージアムにおける農業体験活動等の支援に活用
ヤンマー農機製造(株) 岡山工場 工場周辺の道路、および新築港緑道公園の清掃、祇園用水堤防の草刈り
工場敷地内で夏祭りを開催(毎年8月)
日本財団が主催する「夢の貯金箱」活動に参加
岡山県音楽文化協会会員企業によるレクリエーションに実行委員や選手として参加(年4回開催)
近隣小学校、高等学校を対象に工場見学を実施
高知工場 工場周辺のゴミ撤去、雑草の草刈り
岡山工場・高知工場 「環境宣言」パンフレットを訪問者に配布
(株)神崎高級工機製作所 万葉の森・佐璞丘再生プロジェクトへの参加(シュロの伐採、自然林で育てたエノキの苗木の植樹活動)
地域住民へ庭園を開放(さくらまつり)
工場~JR駅間の歩道清掃(月2回)
さくら会(当社OB会)からの寄付による桜の植樹
事業所周辺地域への安全対策と美観のため、ブロック塀の外壁を更新
ヤンマーエネルギーシステム(株) 外部のステークホルダーに対して、環境研修会を実施(全国約50カ所で開催)
ヤンマーエネルギーシステム製造(株) 工場周辺の清掃・草刈り(年3回)
ヤンマー発電システム製造(株) 工場周辺道路の清掃、草刈り
ライトダウン(毎週水曜日は19:00に一斉消灯)
社内空き地での野菜の簡易栽培(社員への配布のみ)
緑地に果樹を植林
工場周辺地域の竹林を整備し、緑地の拡大に貢献
ヤンマー舶用システム(株) 「国道12号線花いっぱい運動」に参加し、道路沿線に花壇の提供と水やりを実施
ヤンマーマリンインターナショナルアジア(株) 工場周辺の道路公園の清掃(海の日)
ヤンマーキャステクノ(株) 松江事業部 構内および境界清掃・草刈り、工場周辺道路清掃
甲賀事業部 工場周辺の掃除
野洲川河川敷の清掃(びわ湖の日)
サッカーグラウンドの開放
ニューデルタ工業(株) 工場北側農業用水路清掃
工場周辺道路ならびに周辺のゴミ拾い
道路フェンス沿いに槙の木3本を植樹
ペットボトルキャップの収集(⇒身障者車椅子購入に役立てる)
近隣住民、従業員とその家族が参加した野菜作り(収穫体験)の実施、従業員への配布
ヤンマー建機(株) 工場内の排水溝の清掃(月3回)
工場周辺のゴミ拾い(月1回)
工場南側敷地の緑地化
ヤンマープラントサービス(株) 長浜工場周辺の清掃
琵琶湖一斉清掃への参加
ヤンマーアグリ(株) 兵庫県養父市における農場周辺の水路掃除
豊能の棚田での草刈(ヤンマー新入社員研修)
ヤンマーシンビオシス(株) 大阪市北区鶴野町の町内会住民とともに月1回地域清掃活動を実施

海外でもさまざまな地域で社会貢献に取り組んでいます

■北米・中南米
ライオンズクラブが開催した視覚障がい者のためのイベント活動を支援 - YANMAR AMERICA CORPORATION -

イベントに参加したスタッフ
イベントに参加したスタッフ

YANMAR AMERICAは、ジョージア州バートウ郡のライオンズクラブ「PROS VS JOES BBQ COOK-OFF」が2020年9月に実施した、視覚に障がいを持つ方のためのイベント活動「Freedom Braille Trail」を支援しました。このイベントは、視覚障がい者が点字を活用しながら自然遊歩道でのトレッキングを自由に楽しむことができるものです。このような活動を通じて、視覚障がい者の視力の保護やQOL向上に努めていきます。

インダイアツーバ市全域で新型コロナウイルスに対する消毒活動を支援 - YANMAR SOUTH AMERICA INDUSTRIA DE MAQUINAS LTDA. -

YANMAR SOUTH AMERICAは、新型コロナウイルスによる感染症の予防および是正措置として、2020年4月にブラジルサンパウロ州インダイアツーバ市が実施した公共スペースの消毒活動を支援しました。これは、インダイアツーバ市の市域全体に対して、次亜塩素酸ナトリウムを噴霧する活動で、当社はそのためのトラクターを無償で提供しました。

消毒作業を実施したトラクター
消毒作業を実施したトラクター
消毒作業を実施したトラクター

■欧州
新型コロナウイルスの緊急支援として地元の衛生研究所に寄付 - YANMAR ITALY S.p.A. -

YANMAR ITALYは、新型コロナウイルスによる緊急事態への支援活動として、2020年5月に地元ロンバルディア州の衛生研究所に対して10,000ユーロの寄付を行いました。

新型コロナウイルスに対する従業員とその家族の安全確保と労働環境を整備 - YANMAR COMPACT GERMANY GmbH –

YANMAR COMPACT GERMANYは、新型コロナウイルスの感染症から従業員とその家族を守ることを最優先事項としつつ、事業活動の安全を確保するための労働環境整備を実施しました。

2020年3月から最初の数週間は工場での生産を完全に閉鎖しました。マスクや消毒剤の在庫を確保し、従業員が個人的に使用できるよう無償で提供するとともに、ソーシャルディスタンスを保つための新しいオフィスレイアウトや、密集を避けるための新しいシフトモデルを構築しました。

また、オフィスに勤務する従業員を対象としたリモートワークのためのガイドラインを策定し、在宅勤務の機会提供を開始するなど、従業員とその家族の安全確保に努めています。

■アジアパシフィック
バグダッド市内で新型コロナウイルスに伴う消毒作業を実施 - YANMAR EUROPE B.V.-

トラックに積載した発電機と噴霧装置で消毒作業を実施
トラックに積載した発電機と噴霧装置で消毒作業を実施
YANMAR EUROPEと、イラクの首都バグダッド市を拠点とするOEMパートナーのQASWAA AL-BARARRYは協働で、新型コロナウイルスに伴う同市内での消毒作業を2020年3月から実施しています。消毒作業には当社の水冷式TNVディーゼルエンジンを搭載した発電機と噴霧装置を使用しています。消毒作業は今後も継続して実施していきます。

社内で使用していたパソコンを再生して小学校に寄贈 - 洋馬発動機(上海)有限公司 –

上海衆谷公益青年発展センターでの引継式の様子
上海衆谷公益青年発展センターでの引継式の様子

洋馬発動機(上海)有限公司は2020年6月、社内の機材更新に伴って不要になったパソコンを、経済的に恵まれていない地方の小学校に寄贈しました。寄贈したパソコンは、2018年から2019年にかけて更新したパソコン50台のハードディスクを新たに交換し、再生したパソコンです。

当初の計画では2020年3月に寄贈する予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で計画が遅れたものの、無事に寄贈することができました。当社は2016年にもパソコンを寄贈しており、現在も2つの省の小学校で使ってもらっています。「新型コロナウイルスの影響で学校に行けない子どもたちが、自宅でインターネット授業を受けることができた」という声もあり、今後もこのような取り組みを継続していきます。

有害廃棄物の情報化構築に関する合同交流会を開催 - 洋馬発動機(山東)有限公司 –

洋馬発動機(山東)有限公司は2020年6月、蘇州高新区および青島市の行政担当者、蘇州高新区の関連企業8社の代表者を集め、有害廃棄物の情報化構築に関する交流会を開催しました。

参加者らは、有害廃棄物の管理面に関する経験を共有するとともに、各企業は有害廃棄物の情報化構築の進捗状況と課題を報告しました。

蘇州日本人学校中学部の生徒を工場見学に受け入れ - 洋馬農機(中国)有限公司 –

蘇州日本人学校中学部の生徒と教職員
蘇州日本人学校中学部の生徒と教職員

洋馬農機(中国)は、2020年9月に蘇州日本人学校中学部の生徒と教職員合計31名の工場見学を受け入れました。当日は会社紹介や日本人出向者からの仕事紹介、商品展示ルームと生産現場の見学、質疑応答などを通して、生徒に広く将来や進路について考える機会を提供しました。

韓国の名節チュソクの連休前に本社敷地周辺で清掃活動を実施 - YANMAR AGRICULTURAL MACHINERY(KOREA)CO., LTD. –

YANMAR AGRICULTURAL MACHINERY(KOREA)は、毎年韓国の名節であるチュソクとお正月を迎えて本社周辺の掃除を全従業員が年2回実施しています。2020年10月には、チュソクの連休に入る前に本社敷地を1周回りながら車道のゴミやタバコの吸い殻を拾いました。

また、歩道にある雑草を抜く作業、散らかっている落ち葉を拾い、きれいにする活動を実施しました。拾ったゴミやタバコの吸い殻、雑草などの量は20kg容量の袋で4本から5本の分量になりました。

貧困女性の生活支援として食料と生活必需品を寄付 – YANMAR ASIA(SINGAPORE)CORPORATION PTE. LTD. –

YANMAR ASIA(SINGAPORE)CORPORATIONは2020年7月、NPO法人Project Smileの取り組みに協力し、貧困女性の生活支援として、一人当たり50シンガポールドル相当の食料と生活必需品を配給しました。この取り組みには、当社従業員57人から総額2662.60シンガポールドルの寄付金が集まりました。

配給した食料と生活必需品の一例
配給した食料と生活必需品の一例
支援先の女性たち
支援先の女性たち
支援先の女性たち

マッサージの専門スキルを持った視覚障がい者を雇用 – YANMAR CAPITAL(THAILAND)CO., LTD. –

マッサージを受ける従業員
マッサージを受ける従業員

YANMAR CAPITAL(THAILAND)は、障がい者の自立や生活を支援する一環として、マッサージの専門スキルを持った視覚障がい者6名を雇用しています。1年契約で月2回、当社のオフィスに勤務し、他の従業員に対してマッサージを施術しています。

従業員同士でお互いを尊重し合い、視覚障がい者は誇りを持って業務に当たるとともに、他の従業員は日々の仕事のストレスや肉体的苦痛が和らぐことで、業務パフォーマンスの向上につながっています。

近隣地域の宗教・文化活動を支援 – PT. YANMAR AGRICULTURAL MACHINERY MANUFACTURING INDONESIA –

YANMAR AGRICULTURAL MACHINERY MANUFACTURING INDONESIAは、近隣地域の宗教・文化活動を支援するため、さまざまな社会貢献活動を実施しています。2019年度も、重要な祝祭の1つであるイード・アル=アドハー(犠牲祭)にヤギ3頭(モジョ村、パンデレガン村、ウォルナット村各1頭)を寄贈しました。

イード・アル=アドハー(犠牲祭)に寄贈したヤギ
イード・アル=アドハー(犠牲祭)に寄贈したヤギ(モジョ村)
パンデレガン村
パンデレガン村
ウォルナット村
ウォルナット村

海外グループ会社の主な社会貢献活動一覧(上記の活動以外)

地域 社名 活動内容
北米・中南米 アメリカ YANMAR AMERICA CORPORATION ビジネスカジュアル実現の基金設置
ボランティアプログラムの実施
コミュニティ・イベント委員会の設立
Life 5Kイベントへの協賛・従業員の参加
駐車場を活用したイベントの実施
ブラジル YANMAR SOUTH AMERICA 子どもたちにクリスマスプレゼントを寄贈
地元のフードキャンペーンに協力
アジアパシフィック インドネシア YANMAR AGRICULTURAL MACHINERY MANUFACTURING INDONESIA 工場近隣の学校にゴミ箱を寄贈
中国 洋馬農機(中国) 障がい者の雇用・生活支援
貧困支援学校に机・いす等を寄付
洋馬発動機(山東) 貧困学生のため、書籍購入費用を寄付
緊急事態対応訓練の実施

サポート・お問い合わせ