ヤンマーグループでは、地球環境の保全を経営方針における最重要課題と位置付け、環境経営の推進、環境への配慮を基本とした事業活動を進めています。

環境負荷物質の削減・管理

有害な化学物質や環境負荷物質の削減と管理に努めています

化学物質の排出削減

環境に配慮した製品開発と環境リスクの低減を図るために、日本のPRTR制度に基づく指定化学物質の使用量の管理・排出量の削減に取り組んでいます。

2018年度のPRTR対象物質の使用量は、基準年である2011年比において、原単位で29.1%の削減を実現しましたが、取扱量は昨年度より約35t増加しました。

その主な要因は、グループ製品の生産増や、塗装・船舶製造用の有機溶剤使用量が増加したためと推定されます。

次期環境中期計画では、国外の事業所については、新たに所在国のPRTR制度に基づく対象物質の管理を目標に掲げ、管理体制のレベルアップを図ります。

ヤンマー単体のPCB保有状況(2019年7月1日現在)
事業所名 滋賀地区 尼崎 塚口 本社 合計
PCB保有個数 820 0 0 76 896
グループ各社のPCB保有状況(2019年7月1日現在)
会社名 ヤンマー農機製造(株)岡山・高知工場 (株)神崎高級工機製作所 ヤンマーエネルギーシステム(株) ヤンマーキャステクノ(株)甲賀事業部 合計
PCB保有個数 50 70 0 2 122
PRTR法第一種指定化学物質の取り扱い状況
PRTR法第一種指定化学物質の取り扱い状況の円グラフ
PRTR法第一種指定化学物質の取り扱い
政令番号 PRTR法第一種指定化学物質名 ヤンマー(株) ヤンマー農機製造(株)岡山工場 ヤンマー農機製造(株)高知工場 ヤンマー農機製造(株)伊吹工場 (株)神崎高級工機製作所 ヤンマー建機(株) ヤンマーエネルギーシステム製造(株) ヤンマー発電システム製造(株) ヤンマー造船(株) ヤンマーキャステクノ(株)松江事業部 ヤンマーキャステクノ(株)甲賀事業部 ニューデルタ工業(株) 合計
1 亜鉛の水溶性化合物   1,031 1,486           49     2,566
20 2-アミノエタノール 838 1               56     895
30 直鎖アルキルベンゼンスルホン酸及びその塩(アルキル基の炭素数が10から14までのもの及びその混合物に限る。)             12           12
31 アンチモン及びその化合物                   946 4,318   5,264
37 4,4'-イソプロピリデンジフェノール(別名ビスフェノールA) 95                       95
53 エチルベンゼン 35,655 5,097 21,747 686 306 90,835       1,664   1,967 157,957
57 エチレングリコールモノエチルエーテル 15                       15
80 キシレン 139,124 37,172 43,270 2,662 897 79,602     372 2,033   2,679 307,811
82 銀及びその水溶性化合物             26           26
83 クメン     758 298   590             1,646
87 クロム及び三価クロム化合物                   158,989 47,863   206,802
88 六価クロム化合物                   1     1
132 コバルト及びその化合物                   485     485
150 1,4-ジオキサン                   213     213
186 ジクロロメタン(別名塩化メチレン)       106                 106
188 N,N-ジシクロヘキシルアミン 33                       33
213 N,N-ジメチルアセトアミド                   245     245
235 臭素酸の水溶性塩 20                       20
239 有機スズ化合物   65   8   350             423
240 スチレン                 111,500       111,500
277 トリエチルアミン                   738     738
296 1,2,4-トリメチルベンゼン 4,808 471 8,325 2,931   9,201     372 398     26,506
297 1,3,5-トリメチルベンゼン 3,406 195 1,621 588   5,498       116     11,424
300 トルエン 56,604 4,693 19,902 4,193 1,569 19,667 9 1,956   611   946 110,150
302 ナフタレン   12 202 184   1,501             1,899
308 ニッケル                   114     114
309 ニッケル化合物   27 44     200             271
321 バナジウム化合物     50     6,100             6,150
349 フェノール                   11,779     11,779
354 フタル酸ジ-ノルマル-ブチル 32     11                 43
355 フタル酸ビス(2-エチルヘキシル) 35 55                     90
356 フタル酸ノルマル-ブチル=ベンジル 1   7                   8
392 ノルマル-ヘキサン 2,963 302   1,428   2,900   112   210     7,915
400 ベンゼン 219 52   172                 443
405 ほう素化合物                   70     70
407 ポリ(オキシエチレン)=アルキルエーテル 266 237                     503
408 ポリ(オキシエチレン)=オクチルフェニルエーテル 14                       14
410 ポリ(オキシエチレン)=ノニルフェニルエーテル 15 1,648       200             1,863
411 ホルムアルデヒド 104 427 726 124   260       18     1,659
412 マンガン及びその化合物   387 370     5,800       48,690 15,844   71,091
415 メタクリル酸   12                     12
420 メタクリル酸メチル 89                       89
438 メチルナフタレン 54,393               20,000       74,393
440 1-メチル-1-フェニルエチル=ヒドロペルオキシド       1                 1
448 メチレンビス(4,1-フェニレン)=ジイソシアネート                   572     572
453 モリブデン及びその化合物 48                 45     98
460 りん酸トリトリル             526           526
合計 298,777 51,884 98,508 13,397 2,772 222,704 573 2,068 132,244 227,992 68,025 5,592 1,124,536

サプライチェーン全体で環境負荷物質を管理

「グリーン調達ガイドライン」に基づき、取引先から供給される資材や部品に含まれる環境負荷物質の含有量を2008年度から調査しています。

これらの情報は「製品含有環境負荷物質管理システム」により一元管理され、グループ各社にて情報共有を行っています。

今後もヤンマー製品に含まれる環境負荷物質の調査・管理に努め、環境負荷物質の削減に努めていきます。

ヤンマーグループ共通禁止物質については、社内適応基準を定め、計画的に削減を推進しています。

ヤンマーグループ共通禁止物質の一覧表
ヤンマーグループ共通禁止物質
アスベスト、特定フロン(CFC、HCFCその他)、PCBs、PBB/PBDE、水銀、カドミウム、六価クロム、塗料中の鉛、RCF(リフラクトリーセラミックファイバー)

法規制の遵守と汚染防止

ヤンマーグループでは、環境への負荷を抑えるために日頃から関連法規の遵守を心がけるとともに、汚染状況等の測定値を常にチェックしているほか、法定値より厳格な自主基準値による運用・管理を心掛けています。2018年度は、重大な環境法令違反事例はありませんでした。

周辺環境への配慮

ヤンマーグループの各工場では空気や土、水などへの汚染を防ぎ、周辺環境が常に良好な状況を維持できるようにさまざまな対策に取り組んでいます。

たとえば主力製品であるエンジンは、開発途上における耐久試験、出荷前の試験運転時に発生する排気ガスによる大気汚染を防止するため、後処理装置の設置等の対策を実施しています。

また、場内で使用する化学物質・油類が漏洩することによる周辺水域・土壌の汚染防止のため、配管・貯蔵設備の定期検査、埋設配管の架空化、漏洩発見時に備えた教育訓練等の対策を行っています。

近年の都市化の影響は、都市部に所在するグループ各工場にも波及しており、騒音・臭気・粉じん等、周辺の生活環境に影響が及ぶ項目については、より厳格な対策が要求されています。

各工場では、除去設備の更新・拡充に努めているほか、夜間・休日等、周辺環境への影響が特に大きい時間帯については、周辺住民への事前連絡・騒音が発生しやすい作業の自粛等の対策を行っています。また、住民からの苦情・問い合わせについては、原因の究明・発生源の改善・取り組みの説明など、適切な対応を進めています。