2012年度のCSR・環境活動特集

特集2 環境配慮技術「バイオ燃料の利用技術開発」

始まりは1980年代

イメージ写真

ヤンマーが植物油を燃料とするバイオディーゼルの研究に着手したのは第二次石油ショック後の1980年代。研究対象となったのはパーム油、菜種油のほか、食糧生産を脅かさない非食用油のジャトロファ油です。同じ時期に家畜の糞尿処理やゴミ処理の負荷を軽減するためのバイオガスの技術開発もスタートしました。また、発電しながらその排熱を有効利用するコージェネレーションの開発にも取り組み、1990年代には農機・マリン事業体を中心に水処理、資源リサイクルシステムの商品化を果たしました。

2000年代に入るとバイオ燃料の研究と開発を担う本格的な体制構築の一環として新エネルギー事業開発室が発足しました。そして2008年にはヤンマーコタキナバルR&Dセンターを設立してバイオディーゼルの研究開発は本格的に始動します。

バイオ燃料の可能性

バイオ燃料はバイオマス(生物由来の有機性資源)を燃料化したものです。エネルギーとして活かされるバイオマスには家畜の糞尿、下水汚泥、し尿汚泥、木材などのほか、従来は廃棄されていた農業残渣(野菜などの栽培作物で収穫後に発生する非食用部分)があります。

バイオマスは原料となる植物が成長過程で光合成によってCO2を吸収するため、ライフサイクル全体ではCO2の収支がゼロとなります(カーボンニュートラル)。そのためバイオマスを燃料として使用しても大気内に存在した以上のCO2を発生させません。

また、バイオマスを再生産している限りバイオ燃料は使い続けることができる再生可能エネルギーであり、これは有限な化石燃料とのもっとも大きな違いといえます。

化石燃料の代替エネルギーとして注目されたバイオ燃料は温室効果ガスの排出量も削減するということで利用が拡大。その後、バイオエタノールはガソリンの、バイオディーゼルはディーゼルエンジン自動車用の軽油の代替燃料として普及のスピードを速めました。

そしていま、バイオマスを利用したバイオ燃料はサステナブル社会の構築、資源の有効活用などに貢献するものとして新たな開発段階に入ったといえます。

ヤンマーバイオマスソリューショニアリング
ヤンマーバイオマスソリューショニアリング

バイオ燃料の研究開発拠点

2008年、ヤンマーはバイオマスに恵まれているマレーシア・ボルネオ島サバ州にバイオ燃料の研究開発を加速させるためにヤンマーコタキナバルR&Dセンター(YKRC)を設立し、バイオマス・ソリューショニアリングの一歩を踏み出しました。

初の海外研究開発拠点となるYKRCではバイオディーゼルに対応するエンジンの研究や耐久試験のほか、バイオディーゼルと潤滑油の分析と評価などに取り組み、資源循環型技術の開発と確立に向けた活動を重ねています。

Topics - アフリカ マリ共和国における無電化村の電化プロジェクト

現地での様子

西アフリカのマリ共和国にヤンマーがバイオディーゼル発電機を寄贈したのは2010年のこと。同国ではバイオマス原料のひとつであるジャトロファからバイオディーゼル燃料を精製し、電気の自給自足体制づくりに取り組んでいます。

ヤンマーでは無電化地域におけるバイオ燃料の精製方式などの課題をトータルに解決するソリューショニアリングを展開し、今後も積極的に支援していきます。

Topics - イギリス マンチェスター郊外の農場での取り組み

現地での様子

農場経営で避けられないのが農業残渣の発生です。ヤンマーではイギリスのマンチェスター郊外にあるトマト農場にバイオガスコージェネレーションシステムを導入し、農業残渣から精製したバイオガスをエネルギーに変換してトマト栽培に必要な電力と温水を供給する実証実験を続けています。また、プラントで発生するCO2は温室に戻し、トマトの生育に活かしています。

サポート・お問い合わせ