事業の枠を超え、より豊かな未来に向けて

ヤンマーは、“A SUSTAINABLE FUTURE”の実現に向けたさまざまな事業活動に加えて、国内外で事業の枠を超えた「次世代育成活動」と「文化醸成活動」に取り組んでいます。

次世代育成活動では、公益財団法人 山岡育英会、一般財団法人 山岡記念財団などの活動、ヤンマーミュージアムやキッザニア甲子園のパビリオンを通じた体験学習を子どもたちに提供しています。

また、文化醸成活動では、サッカーやマリンスポーツのサポート、生産者と消費者をつなぐプレミアムマルシェの開催による新しい“農” の追求などに努めています。

次世代育成活動

公益財団法人 山岡育英会の活動


研修旅行に参加した留学生

山岡育英会は、ヤンマーの創業者・山岡孫吉が、世界の平和と繁栄・文化の向上に寄与する人財の育成を目的として1950年に設立した奨学財団です。当会の奨学金給貸与を通じて、これまでに約5,500名が学業を修了し、社会の各分野で活躍しています。

2013年度からは、従来の国内の高校生・大学生・大学院生・留学生への奨学金給貸与事業に加えて、タイとインドネシアで「東南アジアジュニアハイスクール奨学生事業」を行っています。奨学金希望者に「ヤンマーフットボールクリニック」と銘打ったサッカーイベントで元Jリーガーの指導を受けてもらい、そのなかからサッカーのスキル、学業成績、経済的支援の必要性を加味して奨学生を選定しています。 2017年度は、タイ49名、インドネシア30名の新規奨学生を決定し、奨学生採用証書授与式を現地で行いました。また、2016年7月にはタイのバンコク近郊に学生寮を建設し、奨学金事業をシニアハイスクール生に拡充しました。

在籍者(2018年3月現在)
大学院生 留学生 高校生 国内計
32名 11名 25名 68名
タイ インドネシア 海外計
103名 83名 186名
  • 奨学生同士の研鑽と親睦を図るために、技術系大学院生の「研究発表会」や外国人留学生を対象とした「日本の世界遺産を巡る研修旅行」なども実施しています。

一般財団法人 山岡記念財団の活動

山岡記念財団は、山岡孫吉のディーゼル博士とドイツに対する感謝の思いを引き継ぎ、継承することを目的に2016年11月に設立されました。日独の学術・文化交流を中心として、広い意味で持続可能な社会を次世代につなぐために事業展開を行っていきます。

2年目となる2017年度は、学術事業として、再生可能エネルギーをテーマとした科学技術講演会や学生懸賞論文を実施しました。また、文化事業として長浜のヤンマーミュージアムでドイツ音楽の室内楽コンサート、尼崎ではドイツで活躍されている世界的指揮者である大植英次氏による中高生吹奏楽部の皆さんを対象とした公開レッスンコンサートを行う一方で、若者文化に関する講演会、研究助成を行っています。

次世代を担う若者をはじめ、より多くの皆様に対し、学術・文化を通じて交流を図り、国連が提唱するSDGs実現の一翼を担っていきたいと考えています。

大植英次氏による中高校吹奏楽部の公開レッスンコンサート
再生可能エネルギーをテーマとした科学技術講演会

ヤンマーミュージアム

山岡孫吉が生まれ育った滋賀県長浜市に「ヤンマーミュージアム」を開館・運営しています。“ここにしかない感動”を体験いただくことをコンセプトに、2013年3月のオープン以来、54万人(2018年8月末現在)を超えるお客様にお越しいただきました。

「大地」「海」「都市」の3つの事業領域における豊富な展示内容やワークショップを通じて、ヤンマーの歴史やものづくりの仕組みなどを体験しながら学んでいただくことができ、地元小学生の学校教育や、中学生の職場体験などに多数利用いただいています。

2017年度は、滋賀県立近江学園や滋賀県立大学とのコラボレーションによるワークショップの開催や、当館屋上でのビオトープ生き物調査などを引き続き行いました。植物を使った資源循環型社会の形成を目指して活動中の滋賀県立大学「なのわり」のメンバーと開催した実験教室では、「手作りスライム」「割れないシャボン玉」「風船飛行機」などいろいろな実験を通じて、子どもたちに楽しみながら科学に親しんでもらいました。

また、ビオトープ生き物調査では、池の水を抜き、生き物をすべて陸にあげて行う本格的な生き物調査を行うとともに、池の堆積物を取り除くメンテナンスも実施しました。

なお、当館は2018年9月1日から約1年間の予定でリニューアル工事を実施しています。工事期間中は休館となりますが、ワクワクするような体験を通じて、子どもたちのチャレンジ精神を育むこれまでにない企業ミュージアムにする予定です。ご期待ください。

「なのわり」メンバーによる実験教室
生き物を陸に上げて調査

文化醸成活動

スポーツスポンサーシップ


ニューヨーク・レッドブルズへの協賛

スポーツには、国境や人種、世代、言葉の壁を越えて、喜びや感動を分かち合える瞬間を生み出す力があります。ヤンマーが目指す、“ワクワクする心豊かな体験に満ちた社会”と親和性の高いスポーツを応援しています。

東南アジアでは各国代表チームや個別FC、また東南アジアサッカー選手権の協賛を実施してきました。欧米においては米国メジャーリーグサッカークラブ、「ニューヨーク・レッドブルズ」への協賛を実施しています。

チームへの協賛に際しては、経済的な支援だけではなく、ヤンマー製品(トラクター、ユーティリティービークル等)や、セレッソ大阪が持つ芝管理技術の活用など、技術的な面でのチームのサポートも行っています。また、国内では、次世代のサッカー選手を目指す子どもたちの健全な心身の育成を願って、U-12トーナメント大会への冠協賛を行っています。

マリンスポーツは、ヤンマーのマリン関連事業との関係が深いスポーツで、「アメリカズカップ」等をパートナー企業としてサポートしてきました。「アメリカズカップ」は、1851年より続く、世界最高峰のヨットレースであり、ヤンマーは、セーリングボート用エンジンの高い技術を宣伝する場として活用しています。さらに、国内のヨットレース「YANMAR CUP in BIWAKO」の開催サポートや、JSAF(日本セーリング連盟)が運営している環境キャンペーンの支援も行っています。

これらの活動を通じ、これからも、“ワクワクする心豊かな体験に満ちた社会”の実現に貢献していきたいと考えています。

セレッソ大阪


第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会で優勝したセレッソ大阪
セレッソ大阪のロゴ

セレッソ大阪は、1957年に創設したヤンマーサッカー部を母体として、 1993年のJリーグ発足に合わせて誕生しました。 これまで森島寛晃選手、 香川真司選手、山口蛍選手をはじめとする数々の日本代表選手、海外リーグで活躍する多くのプレイヤーを輩出してきました。さらに、2014年にはセレッソ大阪ホームスタジアムである長居陸上競技場(第1・第2)のネーミングライツを取得、「ヤンマースタジアム長居」、「ヤンマーフィールド長居」として、サッカーをはじめ、 さまざまなスポーツやイベントを通じた豊かな生活文化の醸成に貢献しています。

ヤンマーはこうした自社の歴史や、企業として目指す社会の実現と深く関わるセレッソ大阪を通じて、 サッカーが与えてくれる喜びや感動、挑戦することの大切さを次世代の子どもたちをはじめ、より多くの人々に伝えていきたいと考えています。