• 私たちの使命 ヤンマーの存在意義であるミッションステートメント、ブランドステートメントをはじめとする私たちのDNA。

    戻る

    次へ

    ミッションステートメント

    ミッションステートメントは、ヤンマーグループが世の中に存在する意義、社会的使命を表したものです。お客様をはじめ、全てのステークホルダーに対する宣言であり、事業領域と社会で果たすべき役割を示し、時代や社会環境が変化しようとも変わることのない普遍の方向性を定めたものです。

    わたしたちは自然と共生し生命の根幹を担う食料生産とエネルギー変換の分野でお客様の課題を解決し未来につながる社会とより豊かな暮らしを実現します。

    ブランドステートメント

    A SUSTAINABLE FUTURE テクノロジーで、新しい豊かさへ。

    ヤンマーの価値の中心。それはテクノロジーです。
    地球の持つエネルギーを人が使えるエネルギーに変え、最も効率よく活用する。
    その世界最先端の技術を、創業以来、100年以上受け継がれてきた開拓者精神で生み出しています。

    ヤンマーは、この進化しつづける技術を核に、製品・サービス・ノウハウを融合。
    すぐれた品質のトータルソリューションでお客様の期待を常に上回り、その生涯価値を高めます。

    「食」と「エネルギー」。
    これからの時代にますます重要性を増していく領域で、お客様の課題を解決。
    さまざまな人・研究機関・企業と連携し、あらゆる知を結集して
    地球規模の視点で資源循環型社会に向けたイノベーションを次々と生み出していきます。

    人が、いつまでも豊かに暮らせること。
    自然が、いつまでも豊かでありつづけること。
    その2つの「サステナビリティ」をどこまでも追求し、高い次元で両立。

    次の100年へ、新しい豊かさの実現に貢献していきます。

    VI・CI

    ブランドマーク(FLYING-Y)

    YANMARの『Y』。コーポレートネーム「ヤンマー」の由来であり、日本人にとって豊作の象徴でもあるトンボ(オニヤンマ)の『羽』。この2つをモチーフに、次の100年へと飛躍するブランドの意志を表現しました。鋭角的なフォルムは、未来を切りひらく先進性と精緻を極める世界最先端の技術力を。コーポレートカラーでもある赤は、「開拓者精神」「挑戦」「情熱」「太陽」「豊かさ」を表しています。

    ブランドロゴタイプ

    コーポレートブランド。1952年の社名変更を機に、アルファベット「YANMAR」を象った、ヤンマーグループを総称するロゴマークが誕生しました。以来、時代の流れに合わせて進化し、1993年に現在のデザインとなりました。

    社名由来

    1921年、商標を「ヤンマー」と定めました。豊作の象徴であるトンボ、その中の王様である「ヤンマトンボ」(オニヤンマ、ギンヤンマ等の総称)と、創業者・山岡孫吉の名前の「ヤマ」をかけて命名。まだカタカナ表記の社名は珍しかった1952年には、社名を「ヤンマーディーゼル株式会社」としました。
    2002年には、事業持ち株会社として新たなスタートを切り、現在の「ヤンマー株式会社」に社名を変更しました。