乾貴士

TAKASHI

INUI

乾貴士

スペイン・エイバル所属

MESSAGE

この度ヤンマーアンバサダーとして、
豊かな未来を目指して日々挑戦をされているヤンマーの皆さまと共に、
新たなチャレンジが出来る事を大変嬉しく思います。
これからも、自分自身がサッカーを楽しみ、
子ども達や観ている人たちがワクワクするようなプレーを観せれるように
日々努力を重ねていきたいと思います。

共に挑戦を続けていきましょう!

ヤンマーアンバサダーとしての乾選手

ヤンマーアンバサダーとしての
乾選手YANMAR AMBASSADOR

乾選手の出身地であり、ヤンマーの創業者生誕の地でもある滋賀県にある「ヤンマーミュージアム」にあるサッカーコンテンツの制作協力と出演をして頂いています。
ヤンマーミュージアムは「やってみよう!わくわく未来チャレンジ」をコンセプトに作られた「未来の社会を担う子どもたちが、見て・触れて・体験しながら学ぶことができるチャレンジミュージアム」です。
子どもたちがワクワクしながら挑戦できる内容となるよう、演出を一緒に考えるなど、コンテンツ制作に参画頂きました。

YANMAR MUSEUM

PROFILE

2008年6月にセレッソ大阪へ入団して大活躍を見せた後、2011年にドイツ・ブンデスリーガ2部のボーフムへ移籍し、30試合出場7得点を記録。
ボーフムでの活躍が評価され、2012年にはブンデスリーガのアイントラハト・フランクフルトへ移籍。加入1年目から3試合連続ゴールを記録する等、攻撃の中心として活躍。
2015年にはスペイン・リーガ エスパニョーラのSDエイバルへ移籍。3シーズンに渡って中心選手としてプレーし、2017年にはFCバルセロナから2ゴールを奪った。
その後、スペインリーグの名門レアル・ベティス、デポルティーボ・アラベス移籍した後、2019年に古巣のSDエイバルへ復帰した。

日本代表には2009年にデビューしている。特に2018年のFIFAワールドカップでは、2ゴールを記録し、日本代表のベスト16進出に大きく貢献した。