快適性

作業は“快適”。
UFO自動調整ボリューム ライトスイッチ 主変速レバー 速度設定レバー 燃料ゲージ/アワメーター アクセルレバー ブザー停止・警報表示スイッチ キースイッチ 植付け昇降レバー

フロントハンドル [ YR4J のみ ]

アクセルレバーを握ると、ゆっくり前進。デフロックがスリップを防ぐので、ほ場の出入りも安心です。

すこやかレール [ オプション ]

無理のない姿勢で、苗補給が可能なため、苗継ぎや肥料補給が快適にできます。

スリット入りステップ

運転席から前輪が見えるので、トラックへの積み下ろしやほ場の出入りも安心です。

ワイド&フラットステップ

苗継ぎや肥料補給が快適にできます。

折りたたみ式予備苗のせ台

上段をたたむと下段の苗が取りやすくなります。また、収納時も幅をとりません。

バックアップ機構

後進時に自動で植付けを停止し、植付け部分が上昇するので、安心してバックできます。

アシストバー

ほ場での乗り降りも安心です。

個別キー

別のキーでは使用できないので、いたずらや盗難防止に安心です。

田植えと同時に施肥ができ、ムダな時間や手間を省く。

大容量ホッパー 13L/条 肥料が入れやすく、1度の補給で長時間連続作業ができます。

1.施肥量調整

ダイヤル1つで簡単に※、全株数10〜90kg ( 10aあたり ) の調整ができます。

  • 少量側はギヤの掛け替えが必要です。

2.施肥全条クラッチ

駆動・ブロワをワンタッチで全条停止できます。

1.目皿方式

安定・正確な施肥を実現します。

2.セルフクリーンバネ

エアーとの合流部の詰まりを防ぎ、スムーズに肥料を送り出します。

ミッドマウント施肥機

機体の前後バランスがよく、ほ場の出入りなども安心。肥料補給も降りずにできます。

補給・排出、メンテナンスが手早く簡単。

高速排出ホッパー ホッパーが左右に開くので、残った肥料の排出が素早くできます。

排出は両サイドからスピーディーに行えます。

ステップが広く肥料補給がラクにできます。

目皿の着脱が簡単、メンテナンスも容易。

ペースト施肥機 作物への養分吸収が早く、初期育成に効果を発揮。

ミッドマウントタンク

湿田作業やほ場の出入りもスムーズです。

条止めワンタッチ

植えじまいなどに便利です。

ワンタッチ施肥深さ調節

簡単に施肥深さを2段階調節できます。

ワンタッチ脱着ホース

簡単に手入れできます。

防除は植付けと同時に均一散布。簡単にでき労力とコストを抑える。[オプション]

散布口の薬剤詰まりを防止するスクレーパ

箱施用剤散布機 TS40 / TS50 / TS60

連続散布で高精度。ユニット毎のホッパが工具なしで脱着でき、残剤を素早く排出できます。

除草剤散布機 ( 粒剤 ) PSR402 / PSR502 / PSR602

風に影響されにくい低位置から、ムラなく散布でき、経済的。1kg・3kg剤に対応し、散布幅はワンタッチで調節できます。

除草剤散布機 ( フロアブル剤 ) PLR20

薬剤2Lボトルをそのまま装着でき、高精度な散布を能率よく行えます。

日常の点検やメンテナンスも簡単。

エンジン点検窓 エアクリーナやエンジンオイルの点検が容易にできます。 ボンネットが取り外せ、バッテリーのチェックが簡単です。 座席下のステップが取り外せ、エンジンの点検に便利です。

育苗・田植えの労力・コストを軽減できる。[疎植栽培]

株の間隔を広くし、1坪あたりの株数を少なくする「疎植栽培」。
使用する苗箱数が減り、様々なメリットが得られます。

疎植栽培の3大メリット~作業の省力・低コスト化、作物の収量・品質の安定化に貢献~

1.コストを削減できる

  • 使用苗箱数が少ない
  • 種苗費、農業薬剤費、諸材料費が少ない
  • 育苗スペースが少ない

2.労働力を軽減できる

  • 播種・育苗の時間が少ない
  • 苗補給の回数が少ない
  • 苗運搬を省力化

3.品質を向上できる

  • 日光が当たりやすく健康に育つ
  • 根張りよく茎は太く、倒伏・病害虫に強くなる
  • 稲穂が大きくなり収量が増える