疎植・湛直

疎植栽培(標準装備)

株の間隔を広くし、1坪あたりの株数を少なくする「疎植栽培」。使用する苗箱数が減り、さまざまなメリットが得られます。

YRDシリーズ、疎植説明

疎植のメリット

コストを削減できる

  • 使用苗箱数が少ない。
  • 種苗費、農業薬剤費、諸材料費が少ない。
  • 育苗スペースが少ない。

労働力を軽減できる

  • 播種・育苗の時間が少ない。
  • 苗補給の回数が少ない。
  • 苗運搬を省力化できる。

品質を向上できる

  • 日光が当りやすく健康に育つ。
  • 根張り良く、茎は太く、倒伏・病害虫に強くなる。
  • 稲穂が大きくなり、収量が増える。
YRDシリーズ、株数変速レバー

株数変速レバー

37~85株まで幅広く選択できます。

YRDシリーズ、高速植付け

疎植時は、作業速度1.50m/s

37・43株の疎植も速く、高精度に植付けます。

  • 50株以上は1.85m/s。

湛水直播(多目的作業機)

育苗の必要がなく経費や労働時間の低減、重い苗箱運搬などの作業の省力化が図れます。また、春作業の労働ピークを分散させ、機械や施設の稼働率を向上できます。

湛水直播栽培導入の効果

YRDシリーズ、湛水直播説明
YRDシリーズ、湛水直播説明グラフ1
YRDシリーズ、湛水直播説明グラフ2

出所:農林水産省生産局「水稲直播栽培の現状について(平成20年3月)」

経営規模の拡大に貢献する「鉄コーティング・カルパーコーティング」

鉄コーティング種子のほか、フロート下の部品の組替えにより、カルパーコーティング種子も播種できます。

  • カルパーキットはオプションです。
YRDシリーズ、鉄コーディング種子

鉄コーディング種子

YRDシリーズ、カルパーコーティング種子

カルパーコーティング種子

ダウンロード