高精度で使いやすい側条施肥機。

YR-DAシリーズ、電動式側条施肥機
YR-DAシリーズ、側条施肥機大容量ホッパー

大容量ホッパー

開口部が大きいので肥料が入れやすく、
一度の補給で長時間連続作業ができます。

補給・排出・掃除がラクに手早く

高速排出ホッパー

ホッパーが左右に開き、残った肥料の排出が素早く簡単にできます。

高速排出ホッパー
高速排出ホッパー
ステップが広く肥料補給もラクにできます。

ステップが広く肥料補給もラクにできます。

目皿が着脱しやすくメンテナンスも簡単です。

目皿が着脱しやすくメンテナンスも簡単です。

セルフクリーンバネ

セルフクリーンバネ

エアーとの合流部の肥料詰まりを防ぎます。

デジタル設定で簡単に「精密施肥」[V仕様]

シーズンを通してより“精密”な施肥をおこなえます

タッチパネルで簡単に調量。設定値をデジタル表示で可視化。ほ場や肥料の種類で施肥量が変わる場合も、その都度、調量をする必要がありません。

タッチパネルでカンタン操作!

※それぞれ同一年購入・同一肥料で開封直後の場合

さらに「可変施肥」で収量・品質の安定化を実現

ほ場には地点ごとに地力のバラツキがあります。
データに基づいた的確な量を施肥することで、生育の均一化を図ります。

一定施肥の場合

同量の肥料を散布すると、収量や品質が不安定になる原因に。

可変施肥の場合

ほ場ごとの地力に応じた肥料投入量で、生育を均一化。

[参考] 面積当たりの籾数は収量を決める要因の一つです。
    この籾数と出穂期の窒素吸収量との間には正の相関関係が成り立つとされています。

可変施肥は「施肥マップ」を使用しておこないます。

自宅のPCからカンタン作成! 「施肥マップ」を作成し均一な生育へ
「施肥設計システム」を使って手動で施肥マップの作成ができます。

データを活用し、地力のバラツキに応じた施肥設計へ。

ほ場の生育状況を見える化、データに基づく施肥設計を行い、肥料投入量を自動でコントロールします。
機能面だけでなく、操作のしやすさも作業者目線で考えました。

リモートセンシング 生育状況の見える化
可変施肥 可変施肥でほ場内の地力のバラツキの改善
施肥マップの作成
施肥マップの転送
施肥の設定
可変施肥
施肥マップの作成 生育のバラツキのない施肥設計
施肥マップの転送 USB転送だから早い!
施肥の設定 タッチパネルで簡単に設定操作
可変施肥 田植機による施肥
リモートセンシングであなたのほ場の分析を!

精度を高める3つの機能

施肥量のムラを自動でコントロール、施肥マップ通りの施肥で収量の安定化、品質の安定化

タイヤがスリップし、前進していないのに施肥は止まらない・・スリップ率補正で解決!!
1.衛星から得た車速と本機車速の差をもとに、どのくらいスリップしたか算出 2.計算したスリップの程度から最適な施肥量を算出し、自動でコントロール 3.常に適正な量の肥料を施肥
5m四方単位が切り替わる瞬間はどうなっているの? 先読み処理で解決!!
施肥量の切りかわるタイミングを“先読み”して繰出量を調整
1.異なる散布量の5m四方単位をまたいで作業する場合、8条分の平均値を自動で算出 2.算出した量に自動で調整 最適な量を、自動で算出して施肥します
5m四方単位をまたいで作業するときの施肥量はどうなっているの? 平均化処理で解決!!
1.異なる散布量の5m四方単位をまたいで作業する場合、8条分の平均値を自動で算出 2.算出した量に自動で調整 最適な量を、自動で算出して施肥します

側条施肥機(ダイヤル式)[F仕様]

YR-DAシリーズ、施肥調節ダイヤル

電動駆動

少量から多量まで能率よく正確に施肥でき、高速でも施肥量が安定します。

簡単調量

スイッチを入れ繰り出し量をはかるだけで、調量が手早く行えます。

施肥量調節

全株数10~90kg(10aあたり)の調節がダイヤルで簡単にできます。

施肥全条クラッチ

施肥をしないときは、駆動とブロワをワンタッチで停止できます。