セルフ点検情報 - 安全な点検・整備のポイント

安全な点検・整備のポイント

点検・整備を自分で行う場合に、特に注意していただきたい安全のポイントがあります。

事故や思わぬケガから身を守るために、点検や整備を行う場合は取扱説明書を必ずお読みください。

十分な広さの場所で換気に注意して作業しましょう

平坦で十分な広さの場所で作業しましょう。
また、作業者以外に周囲に人がいないか確認しましょう。
特に子供は、見えないところで機械を触ったり、かくれたりしていることがありますので、たいへん危険です。十分に注意してください。

平坦で安定した場所で

屋内の点検整備などでエンジンを起動する際、換気には十分に注意してください。

換気には十分に注意

作業に最適な服装で作業しましょう

だぶつきのない服(つなぎなど)を着用し、そで口をきちんと止め、作業帽(ヘルメット)を着用しましょう。
また、滑って転倒しないように、滑り止めの付いた靴(安全靴など)を着用してください。
タオルなどが機械に巻き込まれないように、ハチマキ、首巻き、腰タオルはしないでください。

ピッタリフィットした服で!

点検は機械が冷えてから行いましょう

マフラー、エンジン、ラジエータなど十分に冷めてから点検や給油、整備を行ってください。

十分に冷めてから整備

安全銘版の内容を守ってください

機械の安全に関する部分には、安全銘版が貼り付けてありますので、内容を守ってください。

安全銘版

セルフ点検情報 - 安全な点検・整備のポイントについてのサポート・お問い合わせ