実証!リモートセンシングの効果
施肥マップデータ※1の活用で、ほ場内の生育のバラつきが改善できる

生育状態をマップ化して、データを活用することでほ場を均一化。

まずはリモートセンシングで稲の幼穂形成期ごろのほ場を撮影。NDVI(生育状況)マップで、生育状態と生育のバラつきが把握できます。バラつきのあるほ場がわかったら、ほ場内での生育を均一にするため、施肥すべき場所を見える化した施肥マップデータを無人ヘリに取り込んで、可変追肥を行います。
また、翌年には初期生育を合わせるために、施肥マップデータを可変施肥に対応したブロードキャスタに取り込むことで可変基肥散布が可能。可変施肥を行うことで生育の均一化が図れます。

  • ※1施肥マップデータはオプションです。
  • 無人ヘリコプターでの可変追肥はヤンマーヘリ&アグリにて請け負います。
だから

実証!その1
資材費のコストダウンが図れます

追肥の場合は無人ヘリに施肥マップデータを読み込ませ、散布量を自動的に調整しながら散布。基肥施肥の場合は、可変施肥に対応したブロードキャスタに施肥マップデータを読み込ませて散布できます。

可変施肥のメリット

追肥+基肥散布を行う体系の場合
<均一施肥>現状:ほ場内の地力N分布がわからないため、収量/品質にバラツキが発生 <可変施肥>地力N分布を把握し可変施肥を実施 収量/品質が安定
基肥散布のみを行う体系の場合
<均一施肥>現状:ほ場内の地力N分布がわからないため、収量/品質にバラツキが発生 <可変施肥(基費のみ)>地力N分布を把握し可変施肥を実施 収量/品質が安定

実証!リモートセンシングの効果 ページ一覧

リモートセンシングページに戻る

実証!リモートセンシングの効果 施肥マップデータの活用でほ場内の生育のバラつきが改善できるについてのサポート・お問い合わせ