実証!リモートセンシングの効果
ピンポイントな土壌診断で、効率的な土づくりができる

従来にはなかった的確な診断結果を実現

従来の土壌診断では、「見えないほ場」での多点土壌サンプル採取していました。しかし、リモートセンシングにより「見える化されたほ場」では、良い箇所と悪い箇所など、ピンポイントでの土壌サンプル採取が可能。効率が良いのはもちろん、的確な診断結果を得られます。

ピンポイント土壌診断サービス(2点採取)

リモートセンシング画像より、土壌サンプルを採取する箇所を判断し、ピンポイントで土壌のサンプル採取を行う土壌診断サービスです。サンプルの採取作業や検査費用も削減できます。
(例)
 1点目…生育の良い箇所
 2点目…生育の悪い箇所

良い箇所に対し、悪い箇所ではどの成分が不足あるいは過剰なのか、具体的な比較ができます。

だから

実証!その1
資材費の節約と散布作業の手間を軽減できます

具体的なNDVI(生育状況)マップデータと土壌診断結果に応じて、ほ場の改善に必要な箇所だけ最小限の資材を投入すれば、的確な土づくり対策に。一定量の資材を散布する必要がありません。

パターン1:リモートセンシングの結果により改善が必要なほ場のみに、最小限の資材を投入できます。 パターン2:リモートセンシングの結果によりほ場内で生育の悪かった箇所のみに、必要な量の資材を投入できます。

実証!リモートセンシングの効果 ページ一覧

リモートセンシングページに戻る

実証!リモートセンシングの効果 ピンポイントな土壌診断で、効率的な土づくりができるについてのサポート・お問い合わせ