サービスの流れ

ヤンマーのリモートセンシングサービスは、ヤンマーリモートセンシング用ドローンをご購入いただいてご自身で撮影されるプランと、撮影から解析までご依頼いただくプランの2つのプランからお選びいただけます。

高精度なセンシングデータを得るために、ご自身で撮影される場合はヤンマーのリモートセンシング用ドローンP4Mで撮影してください。

ヤンマーのリモートセンシング用ドローン P4Mは、コニカミノルタで校正を行っています。カメラの個体差を確認し、1台1台を微調整することで品質を確保しています。

ヤンマーでご購入の場合

ドローンが変わってもデータのバラつきが出ない
サービスの流れ ご自身で撮影
(解析のみヤンマーに依頼)
ヤンマーで撮影
(撮影・解析ともにヤンマーに依頼)
1. お申込み・ほ場情報の登録
撮影1か⽉前まで
ヤンマーの[スマートアシスト]のお申込みを行ったのち、スマートアシスト上のお客様専用サイトに、ほ場情報を登録してください。
2. 撮影についての確認
撮影14⽇前頃
撮影14⽇前頃に撮影⽇を決定。
撮影前⽇に、オペレータにより撮影内容確認のお電話をいたします。
3. リモートセンシング用ドローンで、ほ場を撮影
稲の場合、出穂25⽇前(幼穂形成期)を⽬途に
ヤンマーリモートセンシング用ドローンで、登録を行ったほ場を撮影。
4. 撮影データをアップロード
お客様のPCから、ファームアイ専用のクラウドに撮影データをアップロード。
  • データ量が大きい場合は、通信環境をご確認ください。
5. 撮影データを解析
NDVI(生育状況)マップ(解析レポート)は、アップロードされてから約3日後に、スマートアシスト上のお客様専用サイトでご確認いただけます。 NDVI(生育状況)マップ(解析レポート)は、撮影日から約3日後に、スマートアシスト上のお客様専用サイトでご確認いただけます。
6. NDVI(生育状況)マップをもとに、追肥や基肥の可変施肥を実施
NDVI(生育状況)マップをもとに、生育状態に合わせた最適な量の追肥散布や、ほ場の状態に合わせた可変基肥散布が行えます。
  • オプションで施肥マップのご提供も可能です。