効率性

信頼のYANMAR ENGINE

ヤンマーTNVエンジン

ヤンマーの機械を熟知した自社製エンジンを搭載。高効率・低燃費に加え、より高い操作性を発揮します。

SV100-2A
形式 4TNV98CT-VBV
出力 53.7kW
特定特殊自動車排出ガス
2014年基準適合
国土交通省
超低騒音型建設機械
国土交通省新技術提供システム
オートデセル・エコモード機能付き 省エネ建設機械
登録No. QS-130033-VE

DPF※1付コモンレールエンジン

ヤンマー独自の3つの自動再生技術により、作業の手を止めることなく、高い環境性能を両立。

  • ※1Diesel Particulate Filterの略で、ディーゼル排気中の粒子状物質を除去するフィルターのこと。

オートデセル機能

4秒以上操作レバー中立の場合、自動的にエンジン回転数をローアドルに変更。操作レバーを動かすと、自動的に元の回転数に復帰します。

エコモード機能

エンジンの最大回転数を85%にすることで燃費低減に貢献します。

DPF※1

PM※2を捕集

最小限まで低減されて微量になった排出ガス中のPMを、さらにDPFに吸着させて大気への放出を阻止することで、かつてない環境性能を実現しました。さらに、DPFの搭載により、負荷がめまぐるしく変化する状況下や、低温、高地においても、また、良好な燃焼を妨げる可能性のある要因があっても、オペレーターへのストレスを増やすことなく、安定した出力と応答が得られます。

クールドEGR

排出ガスの再循環によりNOxを低減

冷却式排気ガス再循環(EGR)システムは、排出ガスを部分的に冷却し、吸気と混合させてシリンダー内に循環させることで、シリンダー内の燃焼温度を下げ、窒素酸化物(NOx)を減少させます。EGRバルブは吸気温度と高度に応じた吸気酸素濃度に合わせて、EGRの循環量を厳密に調整し、あらゆる作動条件において安定した燃料燃焼制御を可能にします。

コモンレールシステム

電子制御により燃料噴射をコントロール

完全電子制御のコモンレールおよび燃料噴射システムを使用します。点火時、システムは瞬時に外気温度や高度(空気中の酸素濃度レベル)、エンジン負荷状態、DPF温度等の情報を収集、分析し、燃料噴射時期、燃料量、および噴射回数を厳密に制御し、ミリ秒単位での燃焼制御により、PMおよびNOx排出を減少させます。

直接燃料噴射方式

燃焼効率を高め、低エミッションを実現

独自の3つの自動再生技術でススの発生を低減、DPFの手動再生を大幅に減らします。※3
  • ※1Diesel Particulate Filterの略で、ディーゼル排気中の粒子状物質を除去するフィルターのこと。
  • ※2スス等の粒状物質
  • ※3現場状況や使用状況によっては、手動再生が必要な場合もあります。

ヤンマーDPF付コモンレールエンジンにはヤンマー純正専用オイルをご使用ください。