エネルギー - お知らせ

ガスヒートポンプエアコン「GHP XAIR(エグゼア)Ⅲ」2020年度省エネ大賞の受賞について

2021年02月15日
ヤンマーホールディングス株式会社

ヤンマーホールディングス株式会社のグループ会社であるヤンマーエネルギーシステム株式会社(本社:大阪市、社長:山本 哲也)は、2020年度省エネ大賞の製品・ビジネスモデル部門において、資源エネルギー庁長官賞を受賞しました。

当社が応募いたしました製品・ビジネスモデル部門は、優れた省エネルギー性を有する製品または省エネルギー波及効果の高いビジネスモデルが対象とされています。今回受賞したGHP XAIRⅢは、ガス会社3社とGHPメーカー3社が共同開発し、機器自体の性能向上に加え、設置スペースおよび重量を従来モデル以下とし、年々高まるリニューアル需要や既築建物への導入を容易にした点などが評価されました。

当社は、持続可能な社会の実現に向け、世界におけるエネルギー課題に取り組み、SDGsの達成に貢献します。

受賞概要

  • 表彰種別:製品・ビジネスモデル部門 資源エネルギー庁長官賞
  • 共同受賞:東邦ガス株式会社、アイシン精機株式会社、パナソニック株式会社、東京ガス株式会社、大阪ガス株式会社
  • 対象製品:ガスヒートポンプエアコン 「GHP XAIR(エグゼア)Ⅲ」 YNYP450L1~850L1、YWYP450L1~850L1
  • 製品特長:エンジンの最適運転・室外機熱交換器のコンパクト化による高効率と実運転時の全体的なエネルギー使用量削減を実現。従来機比でエネルギー消費効率10%向上と全機種APFp2.09以上を達成。

<ヤンマーについて>

1912年に大阪で創業したヤンマーは、1933年に世界で初めてディーゼルエンジンの小型実用化に成功しました。以来、産業用ディーゼルエンジンを事業の柱とし、さまざまな市場へ商品・サービス・ノウハウを融合したトータルソリューションを提供する総合産業機械メーカーです。小型エンジン、大型エンジン、農業機械・農業施設、建設機械、エネルギーシステム、マリン、工作機械・コンポーネントの7事業を有し、グローバルにビジネスを展開しています。
「わたしたちは自然と共生し、生命の根幹を担う食料生産とエネルギー変換の分野でお客様の課題を解決し、未来につながる社会とより豊かな暮らしを実現します」をミッションステートメントに掲げ、世界の「都市」「大地」「海」の事業フィールドで、資源循環型社会“A SUSTAINABLE FUTURE”実現への貢献を目指しています。

  • 記載内容は、記者発表時点のものです。最新の情報とは内容が異なっている場合がありますのでご了承願います。

【商品に関するお問合せ先】

ヤンマーエネルギーシステム株式会社 空調システム営業部
TEL:06-7636-2207

【報道関係者お問い合わせ先】

ヤンマー ブランドコミュニケーション部 広報グループ
E-mail: koho@yanmar.com

過去のニュース一覧