環境効果

環境貢献活動の具体的な取り組みとして、企業広報(プレスリリース、IR等)への活用が図れます。

遮蔽効果

屋上設置により、直射日光の熱による空調負荷の軽減に貢献する場合があります。シミュレーションソフト※1による効果予測も可能です。

教育効果

実物の教材として活用することにより、エネルギーや環境問題への取り組みを身近で実感させ、関心を高めることができます。

経済効果※2

購入電力量の削減と余剰電力売電により、経費を削減できます。また、電力需要のピークカットにより基本料金の削減が期待できます。※3

ISO14001への対応

環境マネジメントシステム認証の取得に向けた職場の環境意識高揚効果につながるものと考えられます。※4

遊休スペースの活用

建物の屋根や屋上、壁面、空き地など、これまで利用していなかった箇所や遊休スペースを有効に活用することができます。

  • ※1株式会社京セラソーラーコーポレーションによる遮蔽効果シミュレーションソフトによる。
  • ※2余剰電力の売電は、消費電力より発電電力が上回る場合に行なわれるため、元々消費電力が多い施設等では売電が期待できない場合があります。
  • ※3契約内容や種類により削減できない場合があります。