食品工場の食品廃棄物を利用したバイオガス発電

毎日発生する食品廃棄物を有効活用
CO2排出量を削減し、環境に配慮したい

高騰する原材料費、運送費等の生産にかかるコストでお困りではありませんか。また、環境意識の高まりつつある中、どうにかして自社のCO2排出量を削減できないかと悩まれていませんか。毎年増える廃棄物の有効活用したいが、どのように活用すればよいのか分からないといったご担当者様も多いのではないでしょうか。

これらのお悩みを解決できるのが、ヤンマーのバイオガス発電です。

食品廃棄物の処理コストにお悩みの食品工場様

  • 毎日食品廃棄物が大量に発生しているが、有効活用の方法が分からない。
  • 廃棄物処理費が年々増加している。
  • 環境に配慮した工場にするため、CO2排出量を削減しなければならない。
廃棄物の種類 食品廃棄物
廃棄物発生量 5t/日
廃棄物処理費 3,500万円/年

ソリューションのご提案

処理にお困りの食品廃棄物をメタン発酵で分解して、廃棄物量を減らします。さらに、発酵時に発生するバイオガスを利用し、電気と熱エネルギーに変換します。発生した電気・熱を利用することで光熱費を削減するとともに、バイオガスのカーボンニュートラルという性質によりCO2削減にも貢献できます。停電が発生した際も発電が継続ができるBCP対応なので安心です。

ソリューションのご提案

導入による経済性試算

メタン発酵処理で廃棄物処理費を削減
さらに、バイオガス発電により光熱費とCO2を削減

1年間で廃棄物処理に3,500万円かかっていましたが、廃棄物減少により処理費を3,150万円削減することができます。さらに、発電した電力を自家消費し、光熱費を年間550万円削減、約10年間で投資回収できます。
バイオガスはカーボンニュートラルなので、発電電力によるCO2削減効果は年間180tになります。

年間廃棄物処理コスト:5t/日 3,500万円
廃棄物処理費:3,150万円 削減(導入前比1/10)
年間光熱費:550万円 削減
ランニングメリット:3,700万円
導入コスト回収期間:10年
CO2削減:180t/年
  • 本試算は一例であり、導入効果はお客様により異なります。

お気軽にお問い合わせください

ご不明点、ご要望等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

食品ごみでバイオガス発電|導入の試算例についてのサポート・お問い合わせ