• ヤンマーの次の100年で、世界に変⾰を 専務取締役 研究開発ユニット ユニット長 苅田 広

人々の暮らしを豊かにする革新。
それこそがヤンマーのDNA

1912年に発動機メーカーとして産声を上げたヤンマーは、1933年、世界初の小型ディーゼルエンジンの実用化に成功。「農業や漁業に従事するみなさんを楽にしてさしあげたい」「燃料を最後の一滴まで無駄にしない」という創業者・山岡孫吉の想い「燃料報国」をDNAに刻み込み、人々の暮らしの根幹を担う食料生産の現場において、劇的にお客様の負担を軽減する多彩な農業機械や船舶用エンジンなどをリリースし続けてきました。

直噴ディーゼルエンジンの祖として、愚直に、真摯に、プロユースのモノづくりと対峙し、100年もの間、世界最先端のテクノロジーを紡ぎ出して新たな価値を生み続けてきたその事業フィールドは、多くのみなさんがイメージする農業や漁業・海運だけではありません。建設機械、空調機器・発電システムなどのエネルギー領域、さらには営農コンサルティングなどへと拡がり、現時点においてもグローバル規模でますます拡張しています。 

だからこそ、人口増加、食料供給、環境、エネルギー……と様々な課題に直面する世界のこれからの100年に、私たちヤンマーは大きな使命を担っていると捉えています。 

自然との共生を大前提に、生命の根幹を担う食料生産とエネルギー変換の分野で、お客様の課題を解決し、未来につながる社会とより豊かな暮らしの実現に寄与していく━━持続可能な資源循環型社会の創出に向け、2012年に創業100周年を迎えた私たちにしかできない独創の技術開発力で、次の100年に新しいテクノロジーを届けていきます。

想像の一歩先を行く領域を
開発ターゲットに走り出す

そういった私たちのモノづくりに賭ける想いを込め、次の100年に向け「TECHNOLOGY×SERVICE×HOSPITALITY」をキーワードに未来を切り拓く「YF2112」という取り組みを進めています。

100年培ってきた世界トップクラスの技術、360°のサービス、お客様ご自身も気づいていない本当のニーズを先回りしてかなえるホスピタリティを極め、かけあわせ、お客様の課題に真摯に向き合う。常にお客様の想像を超えるソリューションを提供し、お客様の求める一歩先の満足を生む、世界で唯一無二の存在。それこそが、「Solutioneering Together」を掲げるヤンマーが目指す姿です。

その具現化のひとつが、新たに私たちが提案する「プレミアムブランド」の製品ラインナップ。例えば、「ロボットトラクター/YT01」は、大地を耕す土壌づくりから収穫まで、複数の作業工程を一人で効率的に行なえるよう、無人走行による追従システムを搭載。大きく丸みをおびたキャビン・デザインで運転者の視界性や快適性も確保するなど、ヤンマーが取り組む多彩な技術開発テーマを盛り込んでいます。

ほかにも、農業機械や建設機械、ディーゼルエンジン、エネルギーシステム…と、あらゆる分野で次世代の技術開発を加速させています。これまでになかった新しいコンセプト、新しいデザイン、新しい機能を持った製品開発が続々スタートし、現在進行形のプロジェクトも複数走る今━━私たちは、多岐にわたる領域で、自ら得意とする専門分野の経験やスキル、知見を持った人材を求めています。

未来のテクノロジーを切り拓く、
その主人公になるチャンス

社内には100年超にわたって積み重ねてきた技術やノウハウの蓄積、プロフェッショナル人材といったリソースが豊富にあります。それらを追い風に、新たに仲間入りするみなさんには、様々なことにチャレンジいただきたいと考えています。

ディーゼルエンジンの究極進化形に挑む技術者たちと一緒に、新たなパワートレイン創出に挑む。基盤技術の研究にどっぷり浸かる。ITなどの情報・通信、高度化する電子制御、HVやEVなどの電池制御や材料開発など、これからのヤンマーに不可欠な専門性で勝負する。そういった様々なフィールドがあります。

また、排熱利用のスターリングエンジンを用いた発電事業や、海外R&D拠点で手掛ける再生可能エネルギーと組み合わせたローカルエネルギーサプライシステムの技術開発・実験検証など、エネルギー変換技術による安価で高効率なエネルギーサプライシステムの確立を目指すフィールドもあり、そこでの活躍も期待されています。

さらに、食料生産とエネルギー変換の分野を融合したソリューションビジネス創出に向け、生物系の知識・情報の集積と研究を推進する「バイオイノベーションセンター」を2015年1月に新設。これまでの事業展開で得た農林水産業に関する知見を結集し、食料の生産効率や機能性のさらなる向上、資源循環型の生産、そしてより高い収益をより低い環境負荷で実現する「持続可能な農業」の確立を目指しています。そこで核となる存在を目指すことだって可能なのです。

次の100年に届けるテクノロジーに不可欠な存在になるチャンスが多くの方にあるヤンマーで、一緒に未来づくりに挑戦しませんか。

募集職種・エントリー