先輩メッセージ

生産システム部 松原さん
入社を決めたきっかけ
ものづくりに携わる企業やシステムエンジニアに興味を持って就職活動を行っていたので、YISSの会社説明会に参加しました。
会社説明では、業務的な説明のみではなく若手社員の教育に注力しているという説明も受けました。学生時代は文系学部に所属しておりITの技術については不安要素でもあったため、初期配属までにITの基礎についてしっかり学べる研修プログラムが用意されていたことが大きな後押しとなり入社を決めました。
現在の仕事内容
担当業務は、各工場で生産管理を行うための部品表に関連する業務です。部品表業務は製品の見積もり、設計、組み立て、メンテナンスにまで関わる情報を取り扱っているため、実務を行うユーザ様と連絡を取りながらシステム開発や改善活動を行っていきます。入社2年目以降は、海外現地法人へのシステム導入プロジェクトにも参加し、国内外問わず部品表システムの整備に携わっています。
仕事に『やりがい』を感じるとき
ユーザ様の目線に立ってシステムの仕様や運用業務の改善を提案する際にやりがいを感じます。
直接ユーザ様からシステムに対してご要望をいただくことも、私たちから改善提案を行うこともありますが、要件の打ち合わせを重ね、ユーザ様の目線を忘れずに開発したシステムが実装され、役立っている時には達成感を感じます。
今後の目標
担当するシステムに関わる方々とより強い信頼関係を築くことが今後の目標です。
システムは国内外の多数の事業所に展開されているため、何か困り事がある際にはまずはメールや電話で相談していただくことでさらなる改善活動に繋がっていきます。ユーザ様に信頼され相談していただけるような人財になるためにも、新しい知識や技術の習得に好奇心を持って取り組み、スキルアップしていくことが大切だと考えています。
学生の皆様へ
就職活動中は、何を軸にして会社を選択するのかを考え続けることが大切だと思います。私の経験談ですが、就職活動中に悩んだり迷ったりした時には自分の就職活動の軸を何度も見直しました。なりたい将来像を再確認し、自分の気持ちを整理する機会を持つことで漠然とした不安は少なくなると思います。
また、就職活動自体も大きな経験になります。ひとつとして同じ会社はありませんので、色んな会社の説明会や座談会に積極的に参加することで会社の特徴を掴み、納得した上で会社選択をしてください。
生産システム部 松原さん

ある日の生活

ある日の生活

会社情報はこちらからご覧いただけます。