双方の持続的な

成長に向けて

最善の課題解決に取り組む

小型営業統括部
海外第一販売部

外国語学部 外国語学科卒
2015年入社

皆川 国彦KUNIHIKO MINAGAWA

現在の
主な
仕事内容

北米のお客様へのエンジンOEM営業担当をしています。業務の範囲は幅広く、代表的なものは、お客様である農機・建機メーカーの購買担当者様との価格交渉やエンジン納入状況の管理、新規開発プロジェクトの進捗管理などになります。その中での私のミッションは、お客様の課題解決を通じて、ともに持続的に成長すること。「持続的に」とは、課題の解決そのものが環境、社会、そしてヤンマーにとってもプラスに働かなくてはならないということです。例えば、要望されたエンジン価格をそのまま提示できれば、お客様の目先の課題の解決にはなりますが、社内の収益性は悪化し、いつかは息切れしてしまいます。社内外に広く視野を向けながら、お客様とWin-Winになれるビジネスを生み出すことを心がけています。

img01

ヤンマーで
働く魅力

小形エンジン営業担当としての一番のやりがいは、グローバルビジネスの最前線で働いているという実感です。特に今担当させていただいているお客様は案件の規模も大きく、来日された先方との会議の現場など、緊張感を求められる場面もしばしば。言うまでもなく、営業職はお客様と直接相対する仕事です。ビジネスがうまくいっているときには、先方のご満足のお声を直接伺うことができますが、問題が発生すれば、お客様の不満を直に受け止めなければならない立場。しかし、社内の人間を巻き込んで進行していくプロジェクトに、最初の一歩から立ち会えることは非常にエキサイティングで、この仕事ならではの大きなやりがいだと感じます。

img02

大切に
している
想い

誠意を持って“表現する”ことを大切に仕事に取り組んでいます。例えば、ご要望についての検討結果をお客様に回答するとき、満額回答できる場合はいいのですが、現実には難しいケースがほとんど。そうしたときにごまかそうと言い繕ったり、事実を覆い隠すような表現をすれば、目先の時間稼ぎにはなっても、長期的には信頼を損ない、お客様を失う結果になりかねません。相手の目線に立ち、ご納得いただくまで誠意を持って回答の背景を説明すること。まだまだ未熟だと自覚してはいますが、その真摯な姿勢こそが後々の建設的な議論の発展につながり、お客様からの信頼を維持できると思っています。

img03

印象に
残っている
エピソード

ある時、お客様との間に大きな問題が発生し、その背景のご説明と協議のために北米まで先方をご訪問したときのことです。事前に行った電話会議の時点で、お客様が不満を抱いているのは明らかでした。お会いして協議を始めても雰囲気は非常に悪いままだったため、一度出発点に立ち返り、問題の背景・原因についてまずは丁寧に説明。小さな事柄も余さず、解決のためにヤンマーができることをお伝えし続けたところ、一番不満を持たれていたであろう方が率先して発言、議論を盛り上げてくださいました。誠意を持って表現することの大切さを心から実感する出来事でした。

ヤンマーを一言で言うと?

人情味がある組織

ヤンマーを志望した理由は?

社会の根幹を支える製品を製造しているから。採用担当だった方々の人柄も好印象でした。

就活生の皆さんへ

最後は自分で決めることが大切だと思います。

得意なことは?

プレゼン資料をスピード感を持って作成すること。

苦手なことは?

力仕事。

関連情報

テクニカルレビュー