グローバル市場の声を聴き

最適な商品で地域への貢献を

ヤンマー建機株式会社 海外推進部

法学部 政治学科卒
2015年入社

佐々木 貴信TAKANOBU SASAKI

現在の
主な
仕事内容

建設機械の海外営業として、ミャンマー、フィリピン、香港の代理店を通してヤンマー製品を販売する仕事を担っています。ヤンマーの建設機械は、都市部で活躍する“ミニ建機”を主力製品としています。例えば、都市部の道路工事、住宅やビルなどの建築現場、地下工事など、建設現場の中でも比較的狭く、移り変わりの激しい現場で活躍する機械を開発、販売しています。当然、市場も多種多様で、めまぐるしく変化を続けています。その中で私のミッションは、代理店と共に各地域の需要や特性を把握・分析し、将来も見据えながら最適な商品を展開して、地域の人々の“豊かな暮らし”に貢献することです。

img01

ヤンマーで
働く魅力

急速に変化するグローバル社会の最前線で活躍できているという実感を持てることが魅力です。若いうちから海外代理店の経営者、販売責任者と直に販売戦略を議論したり、現場に行って直に顧客と商談したり、時には機械のトラブルに対応したり。営業窓口として、顧客や関係者と直にコミュニケーションをとりながら、課題解決に取り組んでいます。そうしたプロセスの結果として自社製品が現場で活躍する姿が見られた時の達成感は格別です。言葉や文化の壁を乗り越えることは簡単ではなく、力不足を痛感することも少なくありません。それでも、日々最前線に立たせてもらえるのは“挑戦”を大切にするヤンマーだからこそ。自らの成長が大きな励みです。

img02

大切に
している
想い

常に“ユーザー第一”であることを大切にしています。いくら一般的に“良い”とされる商品を開発しても、対象とするユーザーや市場にマッチしていなければ全く意味がありません。このため、営業担当として、頻繁にユーザー訪問を行い、「製品をどのように使われているのか」「評価できるのはどんな点か」「不満に思うのはどんな点か」など、ユーザー目線での意見を直に聞くようにしています。最終的に、そのような意見が製品として具現化されることが一番であるというのが私の信念です。ヤンマーの行動指針の中に「現場・現物・現実を直視せよ」とありますが、今後もユーザーの現場・現物・現実に常に直面しながら仕事をしていくつもりです。

img03

印象に
残っている
エピソード

現在の仕事を担当するようになり、最初はあまりに膨大な情報を前に、悪戦苦闘の毎日でした。自社、競合他社製品の分析、建設機械の需要の把握はもちろんのこと、代理店の経営者と議論する際には、代理店の経営課題についても話し合わなければなりません。さらに、その国の政治経済、為替変動、歴史、文化、気候、国民性…と、挙げたらキリがないほどの情報量の中で仕事を進める必要があります。分からないことばかりで何度も壁にぶつかりましたが、実戦経験の中で代理店と折衝できる幅が広がっていくことが実感できました。それだけに、初めて代理店に販売政策を提案し、それが受け入れられて良い結果につながった時のことは忘れられません。

ヤンマーを一言で言うと?

人情味ある会社&多事業にわたる総合力

ヤンマーを志望した理由は?

“人々の暮らしを豊かにする”事業による社会貢献度の高さ。全世界にビジネスチャンスがある

就活中の学生へエールをお願いします。

最後は自分の選択を信じることだと思います。たくさん情報収集して、たくさん悩んだ後、最後は自分の持っている価値観や感覚に頼ってみてください

得意なことは何ですか?

長距離移動

苦手なことは何ですか?

作り笑い

関連情報

テクニカルレビュー