NETHERLANDS

現地のお客様の声と

期待を胸に

「現場現物」主義を全うする

Yanmar Europe B.V.
Parts department
Project manager

商学部卒
2006年入社

弘中 健太郎KENTARO HIRONAKA

現在の
仕事内容

ヤンマーが扱っている商品は機械ですので、定期的なメンテナンスはもちろん、時には故障も発生します。その際に補修用部品が必要となります。特にヤンマーの商品は生産材であることから、ジャストインタイムでお客様に補修部品を供給しなければなりません。欧州でヤンマーのお客様にお使いいただいているエンジンや製品に対する補修用部品の供給を迅速に行うために、供給網整備・価格戦略・マーケティング・物流効率化を行い、お客様に満足いただけるアフターサービスを提供することでヤンマーブランドをより一層強化していくことが私たちのミッションです。

img01

海外で
働くことの
醍醐味

欧米の成熟した市場では、お客様からのヤンマー商品のアフターサービスに対する期待が高く、そうした期待や要望をよりお客様に近い位置で感じることができるのは貴重な経験です。お客様からの期待を肌で感じ、その期待に応えるには何が必要か、どうしたら良いかを常に考える環境で仕事ができていることにやりがいを感じています。また、オランダは多種多様な人種の人々が暮らしており、多様な考えを持った人々たちと一緒に仕事をしています。日本人の考え方や仕事のやり方とはまったく異なる環境で仕事をすることは、海外でしか味わえない貴重な体験だと思っています。

img02

仕事で
大切に
していること

疑問に思ったことや、わからないこと、言いたいことは、その場でどんどん発言していくようになりました。それは日本で働いていてももちろん大切なことですが、言葉の壁や日本人よりもオープンに意見を交換する環境の中ではより重要になってきます。それ以上に自分がどう思っているのかをはっきりと簡潔に伝えるようにしないと相手も理解してくれません。こうしたことは日々仕事をする中で常々感じます。

img03

印象に
残っている
エピソード

コンバインという商品をインド市場で販売するにあたって、販売するまでの様々な準備に1年弱の期間を要しました。インド人社員にとっても私にとってもコンバイン販売は初めての業務でした。私は今までトラクタを扱う部門に所属していたことがありましたので、トラクタについての知識はありましたが、コンバインについては知識も乏しかったため、日本の関連部門の社員の方にいろいろと教えてもらいながら理解するとともに、インドのコンバインに関する商習慣についても理解する必要がありました。様々な部門に所属するヤンマーグループの社員とインド人社員とが協力しながら進めた結果、最終的に販売を開始できた時、非常に感慨深いものを感じました。

休日の
過ごし方

最近、あらためて、英語を勉強し始めました。インドは地域によって言語が異なるため、英語が共通言語になっています。インド人と一緒に勉強することで、英語を学ぶだけではなく、日本人とは異なるアグレッシブなインド人の考え方やインド文化に触れることができていると思います。チェンナイには800人程の日本人が居住しており、日本人のコミュニティがあります。私は日本人が運営しているマラソンとバスケットボールのサークルに入っていて、週に一度は体を動かすようにしています。サークルのメンバーは日本では接することのない異なる会社の方々ですので、そうした方と接点をもつことも楽しいですね。

img04

CAREER

  • 2006
    ヤンマー株式会社グローバルCS部
    グローバルCS部内で、販売・調達・企画・システム担当を歴任。
    特に海外現地法人で使用する部品管理システムの各国現法への導入・教育・運用を5年担当
  • 2017
    Yanmar Europe B.V.駐在
    Yanmar Marine International兼務

関連情報

テクニカルレビュー