よくあるご質問 - 建設機械

ミニショベル/油圧ショベルに回転グラップルを取り付ける場合、フロントガードは必要ですか?

平成25年4月に労働安全衛生規則が改訂され、解体用機械に従来のブレーカーに加え、"鉄骨切断機"、"コンクリート圧砕機"及び"解体用つかみ機"の3種が新たに規制の対象となりました。グラップルは木造の工作物の解体用に使用される通称「フォークグラップル」が規制の対象となり、フロントガードの装着が必要となります。
なお、スクラップ積込みなどで使用する通称「オレンジグラップル」は解体用には使用しないため、規制の対象外となります。