• Energy Management System 必要な時に、必要なエネルギーを、必要な場所へ届ける。

エネルギーが必要な場所で発電。電気も熱も有効利用する。

現在、私たちが使用している電力の多くは、大型発電所から送電されています。しかし、発電の際に利用されない排熱や、電気を送電する際に失われるエネルギー等により、エネルギーの総合効率は約40%にまで下がってしまいます。つまり、約60%のエネルギーが失われてしまうのです。

エネルギーを無駄なく効率的に利用できる社会を目指して、ヤンマーではコージェネレーションシステムの開発を行ってきました。環境負荷の低い天然ガスやカーボンニュートラルなバイオガスなどを燃料としてエンジンで発電し、その際に発生する熱を給湯や冷暖房に有効利用することで、エネルギーロスを軽減するシステムです。業界トップクラスの効率で電気と熱の双方利用を実現しました。

エネルギー利用を最適化できるネットワークシステムの実現を目指して。

最先端のICTを駆使し、各地に配置されたコージェネレーションシステムをネットワーク化。装置間での電力と熱のやりとりを可能とすることで、より効率的なエネルギーの利用を目指しています。地域で作られたエネルギーの余剰・不足をおなじ地域でシェアし、エネルギーを最適に配分することで、エネルギーロスを最少化します。

「A SUSTAINABLE FUTURE」の実現に向けて。

世界中の人々が世界各地で、必要な時に必要なだけ、エネルギーを使える社会。
そんな未来の世界を実現するために、ヤンマーはエネルギーを効率良く生み出し、最適に配分するための研究開発を行っています。

さらに、太陽光発電、風力発電、水力発電等の自然エネルギー、バイオマス、水素など様々なエネルギー源を活用することで、より安全でクリーンなエネルギーの提供とCO2排出量ゼロの社会を目指します。

関連情報

エネルギー

ヤンマーのエネルギーシステムをご紹介します。

Y MEDIA MOVIE

CM動画をご紹介します。