YESSA 一般社団法人ヤンマー資源循環支援機構

マイページログインはこちら

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

助成先一覧

<研究テーマ>
新規イメージング技術による熱帯産木質バイオマスの形成機構に関する細胞生物学的研究

研究の概要
木質バイオマスを生産する樹木の生長機構を理解するため、バイオマスの供給源や二酸化炭素の固定源として重要視されている熱帯産樹木の木質バイオマスの形成機構を、生物学的に明らかにすることを目的とする。
研究者 :
東京農工大学 大学院 農学研究院 半 智史 准教授
助成期間:
2017年4月1日~2018年3月31日
助成額 :
180万円

研究の成果についてうかがいました

Q1:完了報告書の「今後の予定」に記載されている、『インドネシア共和国ガジャマダ大学との共同研究を継続し、熱帯に生息する樹木における樹木細胞の分化および細胞死の発現機構に関する研究を進め、熱帯産木質バイオマスの形成機構を生物学的に明らかにする』ことはできましたか?
インドネシア共和国ガジャマダ大学のWidyanto Dwi Nugroho博士との共同研究を継続し、熱帯に生育する樹木における樹木細胞の分化、および細胞死の発現機構に関する研究を進めてきました。2019年、2020年には、大学院生1名をガジャマダ大学に派遣し、熱帯産樹木の防御機構において重要な外樹皮の形成についての共同研究を実施し、外樹皮の組織構造の特徴から今後の解析に適する樹種を明らかにするという成果を得ました。
Q2:助成研究で得られた成果は、現在の研究活動にどういった形で活かされていますか?
インドネシア共和国ガジャマダ大学のWidyanto Dwi Nugroho博士との共同研究体制が強固なものとなったことが成果として挙げられ、助成期間終了後も共同研究を実施しており、研究活動の幅が広がったことを実感しています。
しかしながら、インドネシア国外への生物サンプルの持ち出しが難しいことに加えて、新型コロナウィルス感染症が蔓延したことにより、現地での共同実験さえも難しい状況となったため、現在はこれまでのような研究の実施が難しい状況にあります。ただし、顕微鏡画像データの解析により熱帯産木材の特性解析が実施できないかなど、人や物の移動を伴わないこれまでとは異なる共同研究体制を構築することを検討しています。

(2021年11月ヒアリング)

助成研究のその後
■2017年度
>放棄農地でもできる南瓜の自動収穫機に関する研究
>持続的農業につながる作物光合成活性のリアルタイムモニタリングカメラの開発
>海洋深層水を利用した海産ミドリムシ培養による多価不飽和脂肪酸生産システムの構築
>農林水産資源としての太陽エネルギーの発電利用と水稲栽培の両立のための実証的研究
>アクアポニックスにおける物質循環数理モデルの構築と物質移動予測に関する研究
>新規イメージング技術による熱帯産木質バイオマスの形成機構に関する細胞生物学的研究
>アオリイカ天然資源の効率的増殖による離島の沿岸漁業振興
>未利用資源であった水稲刈取り後に出現する再生茎の食資源・エネルギー源としての活用
>未利用廃棄貝殻からの機能性ペプチドの創製とその利用
>飼料用米の耕畜連携栽培における家畜糞堆肥の精密施用技術の確立
>微細気泡技術を用いた未利用資源からのリン回収技術の検討および地産地消のリン資源リサイクルシステムの構築
>高級二枚貝かつ新規養殖期待種タイラギの餌料要求量の把握
>竹炭の物理的・化学的性質を利用した農業資材・建築資材への適用促進事業
■2016年度
>持続的BDF利用に向けたBDF生産時に発生する廃棄グリセリンの高付加価値化の研究
>温暖化条件下で持続可能なワサビ栽培技術の開発
>オリザノールの選択抽出と米糠カスケード利用の事業性評価
>海産魚種苗生産における生物餌料自動培養・給餌装置の開発に関する研究
>ベトナムでの広東アブラギリ等油糧種子中の砂糖、油分、薬効成分の生成過程の解明
>国内のバイオマス利活用事業、特に木質バイオマスを中心とした事業可能性調査
>魚類廃棄物の資源循環型利用による除染および磯根資源生産力向上技術に関する研究
>循環水耕液のサンゴ砂礫浄化と蛍光ストレスモニタリングを用いた持続的システムの開発

このページを印刷する

このページのトップへ