YESSA 一般社団法人ヤンマー資源循環支援機構

マイページログインはこちら

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

助成先一覧

<研究テーマ>
竹炭の物理的・化学的性質を利用した農業資材・建築資材への適用促進事業

研究の概要
放置竹林を整備するため、伐採した竹から安価な竹炭製造法の開発と、竹炭の物理的・化学的性質を調査し、農業資材に加えて建築資材への転用を図る。
研究者 :
特定非営利法人竹もりの里 鹿嶋 輿一 理事長
助成期間:
2017年4月1日~2018年3月31日
助成額 :
180万円

研究の成果についてうかがいました

Q1:完了報告書の「今後の予定」に記載されている活動計画は、予定通り実施できましたか?
助成事業により、竹炭のSEM(走査電子顕微鏡)分析を行い、これまでの疑問点を明確にすることができました。SEM写真は新しく作成したカタログに掲載、その後開催した竹炭シンポジウムにおいても講演し、開放型炭化炉で製造された竹炭がポーラス(多孔質)状の竹炭であることを証明しました。さらに土壌改良剤として農業分野に普及させ、都市緑化資材として活用されるようになりました。竹材搬出機器の導入により、搬出の重労働から開放され、遠隔地から大量搬出が可能となりました。また、大型開放型炭化炉DECA(デカ)が完成し、竹炭の大量供給が可能となり、近々協働のK-BETSから発売する予定です。
Q2:助成研究で得られた成果は、現在の研究活動にどういった形で活かされていますか?
バイオ炭のポーラス竹炭を農地に施用することで、温室効果ガスの削減に貢献することが証明され、昨年9月には「Jークレジット制度」に適用されることが決定しました。これまで目指してきた課題が、大量のポーラス竹炭を安定的に供給できる体制づくりであり、助成金活用でその準備が整いつつあります。
また、これまで伐採され放置されていた竹材を有償で回収を行い、地域資源の有効活用を目的に行政の協力を得て、千葉県長南町に「竹の駅ちょうなん」を開設し、近隣の里山から竹材を集め有効活用する取組みを本年9月に開始しました。地域住民が自主的に竹林整備できる制度であると好評を得ており、想定以上に参加申込みがあり、今後は竹材の需要開拓が大きな課題になると感じています。

(2021年11月ヒアリング)

助成研究のその後
■2017年度
>放棄農地でもできる南瓜の自動収穫機に関する研究
>持続的農業につながる作物光合成活性のリアルタイムモニタリングカメラの開発
>海洋深層水を利用した海産ミドリムシ培養による多価不飽和脂肪酸生産システムの構築
>農林水産資源としての太陽エネルギーの発電利用と水稲栽培の両立のための実証的研究
>アクアポニックスにおける物質循環数理モデルの構築と物質移動予測に関する研究
>新規イメージング技術による熱帯産木質バイオマスの形成機構に関する細胞生物学的研究
>アオリイカ天然資源の効率的増殖による離島の沿岸漁業振興
>未利用資源であった水稲刈取り後に出現する再生茎の食資源・エネルギー源としての活用
>未利用廃棄貝殻からの機能性ペプチドの創製とその利用
>飼料用米の耕畜連携栽培における家畜糞堆肥の精密施用技術の確立
>微細気泡技術を用いた未利用資源からのリン回収技術の検討および地産地消のリン資源リサイクルシステムの構築
>高級二枚貝かつ新規養殖期待種タイラギの餌料要求量の把握
>竹炭の物理的・化学的性質を利用した農業資材・建築資材への適用促進事業
■2016年度
>持続的BDF利用に向けたBDF生産時に発生する廃棄グリセリンの高付加価値化の研究
>温暖化条件下で持続可能なワサビ栽培技術の開発
>オリザノールの選択抽出と米糠カスケード利用の事業性評価
>海産魚種苗生産における生物餌料自動培養・給餌装置の開発に関する研究
>ベトナムでの広東アブラギリ等油糧種子中の砂糖、油分、薬効成分の生成過程の解明
>国内のバイオマス利活用事業、特に木質バイオマスを中心とした事業可能性調査
>魚類廃棄物の資源循環型利用による除染および磯根資源生産力向上技術に関する研究
>循環水耕液のサンゴ砂礫浄化と蛍光ストレスモニタリングを用いた持続的システムの開発

このページを印刷する

このページのトップへ