農業 - ニュースリリース

「施設園芸・植物工場展2016(GPEC)」ヤンマーブースのご紹介

2016年07月14日
ヤンマー株式会社

<GPECヤンマーブースパース図(イメージ)>

ヤンマー株式会社(本社:大阪市、社長:山岡 健人)は、7月27日(水)から7月29日(金)まで、東京ビッグサイトにて開催される「施設園芸・植物工場展2016(GPEC)」(主催:一般社団法人 日本施設園芸協会)に出展いたします。資源循環型食料生産技術の研究開発拠点「バイオイノベーションセンター」での取り組みをはじめ、ヤンマーが取り組む施設園芸に向けた様々な商品、技術を紹介します。また、同ホールにて同時開催の「アグリビジネスジャパン」特別展示コーナーにも出展します。

【主な出展内容】

・バイオイノベーションセンター倉敷ラボ
倉敷にて2016年8月竣工予定の植物関連分野における知識・情報の集積を行う研究・開発拠点です。自社開発だけでなく、国内外における研究開発機関や他企業と連携して研究を行うオープンイノベーションにも積極的に取り組みます。

・イチゴの栽培・出荷一貫システム
2015年4月にヤンマーグリーンシステム株式会社が発売したイチゴの移動栽培装置やパッケージセンターなど、イチゴの効率的な栽培に関する商品・施設を紹介します。

・施設園芸向けガスヒートポンプ(GHP)
効率的な空調管理を行うガスヒートポンプシステムの実機を展示。デザインにも配慮した高効率なGHPでハウス栽培などにおける省エネルギー化をご提案します。

・透過型光センサ搭載連続選果機
光電式サイズセンサーや透過式の内部品質センサーを搭載した、透過式糖度計による連続選別が可能な小型選別機を紹介、スムーズな選果作業を実現します。

・ハウス環境制御システム
ヤンマーのグループ社である潅水専門メーカー、共立イリゲート株式会社で販売する様々な散水システムや、ハウス・設備工事を紹介します。

<ヤンマーについて>

1912年に大阪で創業したヤンマーは、1933年に世界で初めてディーゼルエンジンの小型実用化に成功しました。以来、産業用ディーゼルエンジンを事業の柱とし、さまざまな市場へ商品・サービス・ノウハウを融合したトータルソリューションを提供する総合産業機械メーカーです。小型エンジン、大型エンジン、農業機械・農業施設、建設機械、エネルギーシステム、マリン、工作機械・コンポーネントの7事業を有し、グローバルにビジネスを展開しています。
「自然と共生し、食料生産とエネルギー変換の分野でお客様の課題を解決するとともに、未来へつながる社会とより豊かな暮らしへの貢献」をミッションステートメントに掲げ、世界の「都市」「大地」「海」の事業フィールドで、資源循環型社会“A SUSTAINABLE FUTURE”実現への貢献を目指しています。
詳しくは、「ヤンマーについて」をご覧ください。

【報道関係者お問合せ先】

ヤンマー ブランドコミュニケーション部 広報グループ
E-mail: koho@yanmar.com

  • ニュースリリースに記載されている内容は、記者発表時点のものです。最新の情報とは内容が異なっている場合がありますのでご了承願います。

過去のニュース一覧