ヤンマーのエネルギーソリューションが選ばれる理由

ヤンマーエネルギーシステムは、コージェネや非常用発電機、GHP、エネルギーマネジメントシステムなど、総合的なエネルギーソリューションを提供しています。

地球温暖化対策やBCP(事業継続計画)への対応

脱炭素への取り組み

地球温暖化が進み、異常気象による自然災害が多発する中、脱炭素化へのシフトが加速化しています。ヤンマーでは、

  • エネルギーをかしこく創る「創エネソリューション」
  • エネルギーを無駄なく使う「熱電ソリューション」
  • 廃棄物から新たなエネルギーをつくる「再エネソリューション」

の3つのソリューションで、持続可能な社会の実現をします。

BCP(事業継続計画)への対応

近年、自然災害などにおける事業活動の継続は、企業活動な重要なテーマのひとつになっています。ヤンマーでは、非常用発電機や停電対応コージェネなどのBCPの最適提案を実施しています。

安心と信頼のサービス網を提供

全国に広がるメンテナンス網

ヤンマーES会
非常用発電機等のメンテナンス協力会社になります。
ヤンマーひーぽん会
GHP、マイクロコージェネのメンテナンス協力会社になります。

電話回線(無線)による遠隔監視システム。機器の異常を自動で通報したり、システムの運転状況をインターネットから確認できたり、お客様の機器を24時間見守ります。

監視スタッフと監視システムを配置し、365日24時間ヤンマーグループのお客様の機器を見守ります。機器の異常を検知すると、即時にお客様やサービススタッフに連絡し、素早く対応を行います。

ヤンマーのエネルギー貢献活動の実績

「2020年度コージェネ大賞」特別賞を受賞

株式会社とっとり市民電力、鳥取ガス株式会社、株式会社神鋼環境ソリューションと4社協業で行った「鳥取市電力地産地消プロジェクトで「2020年度コージェネ大賞」の産業用部門において特別賞を受賞。今回受賞した協業事業は、2015年8月に鳥取市が策定した「鳥取市スマートエネルギータウン構想」より始まりました。ヤンマーの役割は、鳥取市にある秋里下水終末処理場におけるバイオガスマイクロコージェネレーショシステムの構築と遠隔監視、メンテナンスなどです。

エネマネ事業者に登録

ヤンマーエネルギーシステムは、2019年5月に省エネルギー対策を推進する「エネルギー使用合理化等事業者支援事業」における「エネマネ事業者」に登録されました。
エネマネ事業者は、エネルギー管理サービスの提供、補助金申請のサポートなどを通して、企業と公的機関をつなぐ重要な役割を担います。お気軽にお問い合わせください。

「平成28年度コージェネ大賞」優秀賞を受賞

ヤンマーは2012年に創立100周年を迎え、大阪市北区に新社屋を建設し、最新の環境技術とヤンマー独自の技術を組み合わせることで、二酸化炭素の大幅な削減しています。エネルギーを無駄なく効率的に活用することにより、同規模のオフィスビルと比較してCO2排出量55%以上の削減を実現していることなどが総合的に評価され、このたびの受賞に至りました。

ヤンマーのエネルギーソリューションが選ばれる理由についてのサポート・お問い合わせ