新しい豊かさへ、共に。ヤンマースマート農業

    戻る

    次へ

    農業を食農産業へ

    限りある耕作地面積。
    人口増加により高まる食料需給。
    減少する農業人口。
    ヤンマーは、これまでの機械化・省力化技術に加え
    スマートアシストなどの
    ICTを活用したテクノロジーを集結し、
    持続可能な農業をめざします。

    スマート農業が
    推進される背景

    農業を取り巻く環境は刻々と変化し、世界規模で様々な課題に直面しています。

    世界人口が増え食料需要が増加。世界人口は、2000年60億人が2050年97億人に増え、食料需要は、2000年44.7億tから2050年58.2億tに大幅な増加が予想されます。
    異常気象による農作物の不作。世界的な気候変動は、主要作物の生育に影響を与え、適期作業のタイミングが難しくなります。
    高齢化が進み農業人口は減少農業人口は、2005年335万人から2020年は167万人に減少と予測されています。
    農地集約で大規模が増加。農地集約に伴い、経営規模拡大が進んでいます。

    国連によると、2050年の世界の人口は、97億人まで増加する見込みで、それに伴う食糧不足の問題が懸念されています。また、近年の異常気象による農作物の不作が世界各地で報告されており、気候の変動は作物の生育に影響を与え、適期作業のタイミングが難しくなっています。また日本農業においても、高齢化や後継者不足が進み、離農が増加することで耕作放棄地が拡大し、農業生産量は減少傾向にあります。そんな中、平均経営耕地面積の大規模化など、いま農業を取り巻く環境は、世界規模で課題が山積みとなっています。この危機的状況を打破するため、ここ近年では、ロボット技術やICT等の先端技術を活用した「スマート農業」の導入に期待が高まっており注目を集めています。

    • 出典:国連「World Population Prospects:The 2015 Revision」を基に農林水産省で作成、農林水産省「2050年における世界の食糧需給の見通し」、農研機構「気候変動への適応技術としての全休作物収量予測」、農林水産省「農政をめぐる情勢について」、農林業サンセス、農業構造動態調査(農林水産省統計部)

    スマート農業を
    導入するメリット

    日本の農業が抱える様々な課題。その解決策となる一手となるのが「スマート農業」です。

    農業技術と先端技術を活用したスマート農業で日本の農業が抱える様々な課題を解決します。導入のメリットとして、超省力・大規模生産を実現、きつい・危険な作業から解放、消費者・実需者に安心と信頼を提供、誰もが取り組みやすい農業を実現、作物の能力を最大限に発揮、などがあげられます。
    • 農家の高齢化による、深刻な労働力不足の改善が期待できます。
    • 農作業の省力化・高能率化・高精度化を実現し、稲作コストの低減を図ります。
    • 新規就農者へ、栽培技術の継続的な継承ができます。
    • データの蓄積により、栽培計画や人材育成へ活用できます。
    • 夜間でも作業ができるので、規模拡大・適期作業が行いやすくなります。

    ヤンマースマート農業

    ロボットとICTで、
    より確かに農業経営をサポート。

    ヤンマーは最先端の農業機械(Products)とデータ取得・運用を考えたシステム (System)で、省力化・高能率化・高精度化を実現し、農業が直面する労働力不足やコスト削減、生産技術の伝承、大規模化などの課題を解決したいと考えています。

    最先端の農機

    ヤンマーのテクノロジーで変える、農業の未来

    ヤンマーは、2013年からロボットトラクターの開発に着手し、2016年に第7回ロボット大賞(農林水産大臣賞) を受賞。他社に先駆けて農業機械のロボット化を進めました。田植機では「密苗×自動化」で超省力田植えを推進。スマートアシスト、リモートセンシングと連携させて 次年度の栽培につなげる情報支援機能付コンバインも精度を高めていっています。 農作業を「誰でも」「正確に」「効率良く」行えるように。 ヤンマーのスマート農機への取り組みは、これからも続きます。

    データ活用

    データ活用で支える営農支援システム

    大規模経営のデータ管理を一元管理し、農機とのデータ連動も可能な「スマートアシスト」と、ほ場の生育の状態を「見える化」できる「リモートセンシング」を活用することで、データに基づいた的確な生産管理や経営の効率化が図れます。次世代へのノウハウ継承や省力化、高能率化、高精度化を実現させて、これからもより収益の高い農業経営をサポートいたします。

    ヤンマーが考えるスマート農業

    ヤンマーが考える未来の農業

    これからの農業には、ますますデータ分析によるマネジメントが重要になってきます。ヤンマースマート農業は、情報を蓄積・分析することで農業を見える化できる、「SA-R(スマートアシストリモート)」を中心に、様々なデータと連携できる営農サポートの取り組みを行っています。

    例えば、農業機械は、従来の農業機械としての働きだけでなく、ほ場での作業エリアや作業内容などを収集し、「SA-R」に集約します。それを受けた「SA-R」は、適切な生産計画のもと、次の作業エリアや作業内容を指示します。外部との農業サービスシステムや企業システムとも連携し、市況や農地などの情報も「SA-R」に統合。様々な情報データを総括的に蓄積・分析することで、安定した品質と収量の確保、軽労化に貢献します。

    また、ロボット農機の運転は完全無人で自律走行し、使用者はモニターなどで遠隔監視できるようになります。刻々と変わるほ場の状況は、ロボット農機から「SA-R」へと送られ、その都度、作業工程が最適化されるため、農業の省力化・高能率化・高精度化へと導きます。

    • GNSS とは
      GNSS(Global Navigation Satellite System / 全球測位衛星システム)は、GPS、GLONASS、Galileo、準天頂衛星(QZSS)等の衛星測位システムの総称です(出典: 国土地理院HPより)。

     “最先端農機とデータを活用することで、新しい豊かな農業経営が可能になる”
    そんな理想的な農業の未来を実現するために、これからもヤンマーは挑戦し続けます。

    関連情報

    ヤンマーが考えるスマート農業

    ヤンマーが目指すスマート農業のカタチをご紹介。ICTを駆使した農業技術や密苗の最新栽培技術をフルに活用されている生産者の声もご覧いただけます。

    スマート農業、本格始動!

    ヤンマーのロボット・ICT・センシング技術で、農業の「困った」を解決!スマート農業を導入するメリットがわかるページです。