GNSSガイダンスシステム 自動操舵システム 応援します。スマート農業。GNSSガイダンスシステム・自動操舵システムは、お持ちのトラクターに後付けするだけで、自動運転が行えるようになるシステムです。経験と勘で行っていた作業が、「見える化=ガイダンス」で、誰でも「より簡単」に「より正確」な作業が可能です。

GNSSガイダンスシステム・自動操舵システムで、誰でもより簡単に、より正確に。

GNSS ガイダンスシステム・自動操舵システムは、お持ちのトラクターに後付けするだけで、自動運転が行えるようになるシステムのことです。「GNSS ガイダンスシステム」で、トラクターの走行経路をモニターで見える化し、「自動操舵システム」で、ハンドル操舵を自動化します。

経験によって培われる技術や、長時間のハンドル操舵を行う集中力が必要な農作業も、GNSS ガイダンスシステム・自動操舵システムで、誰でも簡単に、正確に、農作業を行うことができるようになります。

GNSSガイダンスシステム

GNSSガイダンスシステムとは、GNSS衛星の信号を受信して測位したトラクターの現在位置をモニターに表示し、農作業に応じた走行経路をカーナビのように案内してくれるシステムのことです。
GNSSガイダンスシステムのみで作業を行う場合は、モニターに表示された走行経路の案内をもとに、ハンドル操舵は手動で行います。

自動操舵システム

お持ちのトラクターにGNSS受信機とモータ付きハンドル、モニターを取付け、ハンドルを自動で制御するシステムです。
高精度なハンドル操舵が行えるので、熟練者に近い作業が行えるだけでなく、軽労化や、夜間作業のアシストなど日々の作業をサポートします。

作業の効率化・正確化・低コスト化をサポートします!

GNSSガイダンスシステム・自動操舵システムラインアップ(後付けタイプ)

用語解説

用語 概要
GNSS アメリカのGPS、ロシアのGLONASS(グロナス)、ヨーロッパのGALILEO(ガリレオ)、日本のQZSS(みちびき)など、各国の衛星測位システムを総称してGNSS(Global Navigation Satellite System(s))と呼びます。従来の衛星による測量方法の「GPS」に代わり、2011年から「GNSS」と呼ばれるようになりました。カーナビなどでは、GNSS単独の受信機で電波を受信していますが、精度が低いため、農業用では補正情報をプラスして精度を上げています。
D-GNSS D-GNSS(Differential GNSS )は、GNSS以外の衛星から発信される補正情報を受信する事で、測位精度を高めるシステムのことです。日本周辺では、MSAS(静止衛星ひまわりからの補正情報)が無償で利用できます。
RTK RTK(Real Time Kinematic)とは地上に設置された基準局から発信される補正情報をリアルタイムで受信することで、測位精度を高めるシステムのことです。下記のように、補正情報の送受信の仕方によって使用可能エリアも変わります。

インターネット(Ntrip)式

  • 補正情報をインターネット経由で送信
  • トラクター側のスマートフォン等で受信
  • 使用可能エリアはインターネット接続可能なエリア内

デジタル無線方式

  • 補正情報を無線機で送信
  • トラクター側にも無線機が必要
  • 使用可能エリアは無線の到達エリア内

現在の自動運転レベルと、さらなる進化の方向性

現在、農林水産省が定義している自動・無人化のレベルには、図のように3段階あります。
ヤンマーは、レベル2のロボットトラクターを販売していますが、田植機・コンバインについてもさらなる自動化を目指して日々開発を進めています。レベル3の完全無人自立走行では、ほ場間移動を含む完全無人自立走行が遠隔監視のもと行われるようになる予定です。実用化に向けて関係省庁と議論が行われるなど法整備が進められています。完全無人自立走行の実現は近い将来かもしれません。

トラクター・田植機の自動運転のレベル

現在の自動運転レベルと、さらなる進化の方向性

関連情報

GNSSガイダンスシステム・自動操舵システムについてのサポート・お問い合わせ