農業 - ニュースリリース

ヤンマーがデザインした日本酒「沢の鶴X01」が「2018年度 グッドデザイン賞」を受賞

2018年10月03日
ヤンマー株式会社

<「沢の鶴 X01(エックスゼロワン)」Designed by YANMAR >

ヤンマーがデザインした日本酒「沢の鶴 X01(エックスゼロワン)」が、「2018年度グッドデザイン賞」(主催:公益財団法人 日本デザイン振興会)を受賞しました。

「沢の鶴X01」は、「日本の米作り、日本の農業を変えたい」という熱い思いを持つ沢の鶴とヤンマーがタッグを組み、「新しい酒米を作る」というプロジェクトから生まれた純米大吟醸酒です。沢の鶴が求める品質の酒米をヤンマーが生産者とマッチングして提供し、沢の鶴が醸造しました。そのパッケージデザインをヤンマーのデザイン戦略室が担当。灘の酒の特長を黒色、プロジェクトにかける思いを赤の挿し色で表現し、ヤンマーの機械銘板をイメージしたチャームで両社の取り組みを表現しています。

今回の受賞においては、斬新なボトルデザインだけでなく、沢の鶴とヤンマーが協業し、酒米の安定供給のためにヤンマーがその営農、栽培技術を生産者に共有している点、その仕組みづくりを含めてこのプロジェクトをつくりあげているという点が高く評価されました。

また、本商品は、グッドデザイン賞審査委員一人ひとりが選んだお気に入りの受賞デザインである「私が選んだ一品」に選ばれました。本日より11月4日(日)まで、GOOD DESIGN Marunouchiにて開催される「私の選んだ一品 2018」に展示されます。

受賞対象について

・受賞商品名:「沢の鶴 X01」(エックスゼロワン)
・「私の選んだ一品」コメント(長田 英知委員)
農機メーカー・農家・酒蔵の異色コラボによる新たな酒米の開発、小ロットでの試行錯誤、そして斬新なボトル。デザインから造り手の誇りと幸せが溢れている。
人が幸せな気持ちで造ったお酒を、大事な人と飲む幸せに勝るものはない。

受賞対象の展示について

各分野の一線で活躍する国内外の86名の審査委員の関心を集めた最新のグッドデザイン賞受賞デザインを、「私の選んだ一品」として審査委員によるコメントと共に受賞展に先駆けて展示されます。

私の選んだ一品 2018 - 2018年度グッドデザイン賞審査委員セレクション
日時:10月3日(水) ~11月4日(日) 11:00-19:00 会期中無休
会場:GOOD DESIGN Marunouchi 
   東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル1F
   http://www.g-mark.org/gdm/

<ヤンマーについて>

1912年に大阪で創業したヤンマーは、1933年に世界で初めてディーゼルエンジンの小型実用化に成功しました。以来、産業用ディーゼルエンジンを事業の柱とし、さまざまな市場へ商品・サービス・ノウハウを融合したトータルソリューションを提供する総合産業機械メーカーです。小型エンジン、大型エンジン、農業機械・農業施設、建設機械、エネルギーシステム、マリン、工作機械・コンポーネントの7事業を有し、グローバルにビジネスを展開しています。
「自然と共生し、食料生産とエネルギー変換の分野でお客様の課題を解決するとともに、未来へつながる社会とより豊かな暮らしへの貢献」をミッションステートメントに掲げ、世界の「都市」「大地」「海」の事業フィールドで、資源循環型社会“A SUSTAINABLE FUTURE”実現への貢献を目指しています。

  • ニュースリリースに記載されている内容は、記者発表時点のものです。最新の情報とは内容が異なっている場合がありますのでご了承願います。

【報道関係者お問合せ先】

ヤンマー株式会社
ブランドコミュニケーション部 広報グループ
E-mail: koho@yanmar.com

過去のニュース一覧