農業 - お知らせ

米由来の食材「ライスジュレ」の製造会社ライステクノロジーかわちが「ISO22000」認証を取得

2019年07月12日
ヤンマー株式会社

ヤンマー株式会社のグループ会社であるライステクノロジーかわち株式会社(本社:茨城県稲敷郡河内町、社長:伊勢村浩司)は、米由来の食材「ライスジュレ」(米ゲル)を製造するライステクノロジーかわち本社工場において、食品安全マネジメントシステムの国際規格である「ISO22000」認証を2019年6月26日付で取得しました。
同社では、2017年より「ライスジュレ」の生産を行っており、全国の食品企業や製菓・製パン店、レストランなどへ出荷しています。今回、「ISO22000」認証を取得したことにより、これまで以上に安全・安心な商品の提供に努めてまいります。

<「ISO22000」登録証 >

認証概要

登録種別:食品安全マネジメントシステム 
登録組織:ライステクノロジーかわち株式会社
所在地:茨城県稲敷群河内町長竿3693-2
適用規格:ISO22000
認証登録日:2019年6月26日
登録範囲:米ゲル(白米・玄米)の製造
審査登録機関:一般財団法人 日本科学技術連盟

ライスジュレについて

「ライスジュレ」は、米の新たな需要開拓で農家の安定的な収益の確保を目指して量産化した、お米と水だけで出来たゲル状の食品素材です。保水性、乳化性、増粘ゲル化安定などの独自の機能を有し、パンやお菓子の食感改善や、ハンバーグや麺類のつなぎ、ソースやスープのとろみなど、あらゆるシーンにおける食の課題を解決することができます。

< 米由来の食材「ライスジュレ」>
< ライステクノロジーかわち本社工場 >

  • ニュースリリースに記載されている内容は発表時点のものです。最新の情報とは内容が異なっている場合がありますのでご了承願います。

【報道関係お問合せ先】

ヤンマー株式会社
ブランドコミュニケーション部 広報グループ
E-mail: koho@yanmar.com

過去のニュース一覧