農業 - お知らせ

農業IoTサービス「スマートアシストリモート」の 「営農API」を提供開始

2022年03月23日
ヤンマーホールディングス株式会社

< 「スマートアシスト」ロゴ>

ヤンマーアグリ株式会社(本社:岡山県岡山市、社長:増田長盛)は、IoTサービス「スマートアシストリモート(以下「SA-R」)」から取得した農機データを他社の営農管理システムで利用できる仕組みとして、2022年4月1日(金)より「営農API(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)」を接続事業者向けに提供開始します。

スマート農業の普及拡大が進む中、複数のスマート農機やサービスを利用する農家から、一つのシステムで複数メーカーの農機データを管理したいというニーズが高まっています。そこで当社は、農林水産省が策定した「農業分野におけるオープンAPI整備に関するガイドライン」に基づき、「SA-R」を利用中のお客さまが、「SA-R」から取得した農機のデータを他社の営農管理システムでも利用できる仕組みとして、「営農API」を接続事業者向けに提供します。
「営農API」を提供することで、農機データを活用した効率的な農業経営や技術継承の円滑化に貢献します。

オープンAPIの利用について

対象事業者:
日本国内の農業生産者向けに営農管理を目的としたシステムサービス(以下システムサービス)を提供している法人・組織。

提供条件:

  • 「営農API」の利用事業者は情報セキュリティ基本方針を定め、情報資産をどのように内外の脅威から守るか、どのような対策を講じるかなどを具体的に示し運用していること。
  • システムサービスのユーザーにヤンマーの「SA-R」契約者が存在していること。
  • システムサービスのユーザーがヤンマーの「SA-R」データをシステムサービスの中で自己利用すること。

「営農API」紹介ページ:

<ヤンマーについて>

1912年に大阪で創業したヤンマーは、1933年に世界で初めてディーゼルエンジンの小型実用化に成功した産業機械メーカーです。「大地」「海」「都市」のフィールドで、産業用エンジンを軸に、アグリ、建機、マリン、エネルギーシステムなどの事業をグローバルに展開し、お客様の課題を解決するソリューションを提供しています。ヤンマーは“A SUSTAINABLE FUTURE-テクノロジーで、新しい豊かさへ。-”をブランドステートメントに掲げ、次の100年へ向けて持続可能な社会の実現に貢献していきます。

  • 記載されている内容は発表時点のものです。最新の情報とは内容が異なっている場合がありますのでご了承願います。

【本件に関するお問合せ先】

ヤンマーアグリ株式会社 お客様相談室
TEL:06-7636-9298

【報道関係者お問い合わせ先】

ヤンマー コミュニケーション部 広報担当
E-mail: koho@yanmar.com

過去のニュース一覧