農業 - ニュースリリース

ヤンマー施設園芸トータルソリューションを 「施設園芸・植物工場展 2022(GPEC)」に出展

2022年07月13日
ヤンマーホールディングス 株式会社

<GPEC 2022 ヤンマーブースイメージ>

ヤンマーホールディングス株式会社のグループ会社であるヤンマーアグリジャパン株式会社、ヤンマーグリーンシステム株式会社は、7月20日(水)から22日(金)まで、東京ビッグサイトで開催される「施設園芸・植物工場展2022(GPEC)」(主催:一般社団法人 日本施設園芸協会)に共同で出展します。

ヤンマーブースでは、選果機やトマト栽培システムなどのトマト栽培におけるトータルソリューションや、スマート選果機や断熱送風栽培槽などのイチゴ栽培ソリューションなど、省力化を実現する農業機械・資材を実機展示し、施設園芸におけるトータルソリューションを提案します。

GPEC2022 概要

名称:施設園芸・植物工場展2022(GPEC)
会期:2022年7月20日(水)~22日(金)
会場:東京ビッグサイト南3・4ホール
ヤンマーブース小間番号 H-03

GPECについて

主な展示内容

・トマト栽培ソリューション

日々の天候変化に合わせトマトが必要となる給水量を自然に供給する「NSP -自然給水栽培装置-」や、糖度・サイズを計測し、選別が可能なライン式簡易選果システム「SMART-SORTER」など、高品質なトマト生産から効率的な選果・流通を実現するトマト栽培ソリューションを、実機展示とともに提案します。

<「NSP-自然給水栽培装置-」展示イメージ>

・イチゴ栽培ソリューション

イチゴの夏秋栽培における高温対策に最適な断熱送風栽培槽や、プロジェクションマッピングの技術を応用したスマート選果システムの実機を展示します。イチゴ移動栽培装置などの動画・パネル展示も行い、イチゴ栽培におけるトータルソリューションを提案します。
合わせて、これからの選果の技術革新を進める面計測装置をご紹介します。

<イチゴスマート選果システム>

<ヤンマーについて>

1912年に大阪で創業したヤンマーは、1933年に世界で初めてディーゼルエンジンの小型実用化に成功した産業機械メーカーです。「大地」「海」「都市」のフィールドで、産業用エンジンを軸に、アグリ、建機、マリン、エネルギーシステムなどの事業をグローバルに展開し、お客様の課題を解決するソリューションを提供しています。ヤンマーは“A SUSTAINABLE FUTURE-テクノロジーで、新しい豊かさへ。-”をブランドステートメントに掲げ、次の100年へ向けて持続可能な社会の実現に貢献していきます。

  • 記載されている内容は発表時点のものです。最新の情報とは内容が異なっている場合がありますのでご了承願います。

【報道関係者お問い合わせ先】

ヤンマーホールディングス株式会社
ブランド部コミュニケーション部 広報担当
E-mail: koho@yanmar.com

過去のニュース一覧