農業 - お知らせ

G7宮崎農業大臣会合の現地視察でロボットトラクターの自動走行を実演

2023年04月25日
ヤンマーアグリ株式会社

<ロボットトラクター 無人自動走行の様子>

ヤンマーアグリ株式会社(本社:岡山県岡山市、社長:増田長盛)は、4月23日に宮崎農業高校のほ場で実施されたG7宮崎農業大臣会合のスマート農業現地視察で、ロボットトラクターの実演を行いました。

今回のG7宮崎農業大臣会合は、食料供給の確保、食料安全保障が世界的な課題から、農業生産性の向上と、農業生産による環境負荷の低減を両立させることが急務であり、食料安全保障をテーマに、特に持続可能な農業をテーマに開催されました。
スマート農業の現地視察では、宮崎農業高校のほ場にて各社のスマート農業の実演が行われました。ヤンマーは「SMARTPILOT®(スマートパイロット)」シリーズのロボットトラクターの実演を行い、無人運転による省力化、農業生産性の向上をアピールしました。また、ヤンマーでは2025年までに電動農業機械の商品化を目指していきます。

今後もヤンマーの技術を集結し、高精度自動運転走行技術、直感的な操作性、安全性確保技術の研究開発を進め、持続可能な次世代の農業をサポートします。

<ブロードキャスター散布の様子>
<人や障害物に感知して自動停止する様子>

ロボットトラクター商品ページ

  • 「SMARTPILOT®(スマートパイロット)」シリーズは、位置情報やロボット技術などのICTを活用して農作業の省力化・効率化・高精度化を実現する自動運転技術を搭載した農業機械シリーズの総称です。

<ヤンマーについて>

1912年に大阪で創業したヤンマーは、1933年に世界で初めてディーゼルエンジンの小型実用化に成功した産業機械メーカーです。「大地」「海」「都市」のフィールドで、産業用エンジンを軸に、アグリ、建機、マリン、エネルギーシステムなどの事業をグローバルに展開し、お客様の課題を解決するソリューションを提供しています。ヤンマーは“A SUSTAINABLE FUTURE-テクノロジーで、新しい豊かさへ。-”をブランドステートメントに掲げ、次の100年へ向けて持続可能な社会の実現に貢献していきます。

  • 記載されている内容は発表時点のものです。最新の情報とは内容が異なっている場合がありますのでご了承願います。

【本件に関するお問い合わせ先】

ヤンマーアグリジャパン株式会社 農機推進部
TEL:06-6376-6264

過去のニュース一覧