建設機械 - お知らせ

「ViO80-1B」、「SV100-2A」に2Dマシンガイダンス仕様を設定

2018年07月13日
ヤンマー建機株式会社

ヤンマー株式会社のグループ会社であるヤンマー建機株式会社(本社:福岡県筑後市、社長:瀬戸智行)は、モニターによるガイダンスで掘削作業をサポートし、安全性向上、人員削減、工期短縮することができる2Dマシンガイダンス仕様を、8~10tクラスの「ViO80-1B」、「SV100-2A」に10月より新たに設定します。

2Dマシンガイダンス仕様では、工期が短く、オペレーターの乗り降りが多い建設現場などにおいて、設計面をモニターで確認することができるため、丁張り作業や検測作業を削減し、安全性の向上と工期短縮を実現します。また、ヤンマー独自の特長として、ブームブラケット部にセンサーを配置し、ブームがスイングした状態でも正確に作業することが可能です。※1さらに角度センサーを取り付けるブラケットを予め装備したREADY仕様も用意しました。本仕様の製品を複数台保有することで、高価な機器を効率よく運用することができ、保有機の稼働率を向上することができます。※2

発売予定 2018年10月
メーカー希望小売価格 ViO80-1B 2Dマシンガイダンス仕様価格 3,800,000円(税別)
READY仕様価格 230,000円(税別)
SV100-2A 2Dマシンガイダンス仕様価格 3,800,000円(税別)
READY仕様価格 230,000円(税別)

価格はViO80-1B、SV100-2Aからのアップ金額で本体価格は含んでおりません。

  • ※1:スイング角度を変更した場合は再度設定が必要です。
  • ※2:取り付けできない機器もありますので、詳しくはヤンマー建機担当者へお問合せ下さい。

プレスリリース資料のダウンロード

【商品に関するお問合せ先】

ヤンマー建機株式会社各支店、営業所、または、ヤンマー建機商品取扱販売店

【報道関係者お問合せ】

ヤンマー株式会社
ブランドコミュニケーション部 広報グループ
E-mail: koho@yanmar.com

  • ニュースリリースに記載されている内容は、記者発表時点のものです。最新の情報とは内容が異なっている場合がありますのでご了承願います。

過去のニュース一覧

「ViO80-1B」、「SV100-2A」に2Dマシンガイダンス仕様を設定についてのサポート・お問い合わせ