建設機械 - ニュースリリース

後方超小旋回ミニショベル「ViO12-2A」を発売

2020年10月16日
ヤンマーホールディングス株式会社

<ViO12-2A」PTOアームエンド配管仕様>

ヤンマーホールディングス株式会社のグループ会社であるヤンマー建機株式会社(本社:福岡県筑後市、社長:奥山博史)は、後方超小旋回ミニショベル「ViO12-2A」を2020年10月16日に発売します。
「ViO12-2A」は、サイドレバーを採用し広いオペレーター空間を確保したほか、さまざまな用途に合わせて選んでいただける豊富なオプションを揃えました。また、最縮小時全幅が830㎜とコンパクトに設計されながら、トップクラスのバケット掘削力で住宅基礎工事や外構工事など狭い現場においても安定した作業を実現します。

今後も当社は、安全に作業が行える建設機械を提供するとともに、住宅建設やインフラ整備などの街づくりへの貢献を通じて、あらゆる人が安心して暮らせる社会の実現を目指します。

主な特長

1. サイドレバーの採用

サイドレバーを採用することで安定した手元操作を実現するとともに、オペレーターが操作性を損なわずゆったりと座れる広い空間も確保しました。上位機種のViO17で取り入れたサイドレバーを当クラスに反映させた事で、ヤンマーのラインアップでは最小クラスのサイドレバー仕様となります。

<サイドレバー>

2. 様々な用途に合わせて選べる豊富なオプション

現場の用途に合わせて選べる豊富なオプションを揃えました。主なオプションは以下の通りです。
・標準アームよりも+150mm長く、さらに深い掘削が可能になる「ロングアーム」
・補強材を追加することで耐久性が向上する「補強アーム」
・お客様の扱い慣れた操作パターンに変更できる「2WAYマルチ」
・安定した操作が可能となる「追加カウンターウエイト」
・足元のペダルで操作できる「P.T.O.仕様」

<多彩なオプション>

商品概要 ※価格と商品スペックはノーマル仕様の数値です。

商品名:「ViO12-2A」
発売予定:2020年10月16日
メーカー希望小売価格:2,623,000円(消費税別)
年間販売目標台数:100台
商品スペック:

商品型式 ViO12-2A
搭載エンジン型式 3TNV70-WBVB
機械質量(kg) 1,065
定格出力(kW/min-1) 9.2
燃料タンク(L) 12
輸送時寸法[全長 x 全幅 x 全高](mm) 3,020 x 1,000 x 1,420

  • ニュースリリースに記載されている内容は、記者発表時点のものです。最新の情報とは内容が異なっている場合がありますのでご了承願います。

【商品に関するお問合せ先】

【報道関係者お問合せ先】

ヤンマー ブランドコミュニケーション部 広報グループ
E-mail: koho@yanmar.com

過去のニュース一覧

後方超小旋回ミニショベル「ViO12-2A」を発売についてのサポート・お問い合わせ