建設機械 - ニュースリリース

ディーゼルインバータ発電機「YDG200VSi」を発売

2021年05月27日
ヤンマーホールディングス株式会社

<ディーゼルインバータ発電機「YDG200VSi」>

ヤンマーホールディングス株式会社のグループ会社であるヤンマー建機株式会社(本社:福岡県筑後市、社長:奥山博史)は、ディーゼルインバータ発電機「YDG200VSi」を2021年6月1日に発売します。

「YDG200VSi」は、国内初となる2.0 kVAのディーゼルインバータ発電機で、排ガス規制に対応した最小出力の空冷ディーゼルエンジン「L70V」を搭載しています。インバータ方式を採用することで、商用電源と同等レベルの高品質な電気を供給することが可能です。これにより、建設現場での給電に加え、パソコン、音響機器、精密機器等、お客様の多様な用途にも柔軟に対応することができます。

今後も当社は、安全に作業が行える建設機械を提供するとともに、住宅建設やインフラ整備などの街づくりへの貢献を通じて、あらゆる人が安心して暮らせる社会の実現を目指してまいります。

商品概要

商品名:「YDG200VSi」
発売予定:2021年6月1日
販売価格:700,000円(消費税別)
主な商品スペック:

商品型式 YDG200VSi
搭載エンジン型式 L70V5
乾燥質量(kg) 146
定格出力(kVA) 2.0
周波数(Hz) 50/60切替式
燃料タンク(L) 15
全長 x 全幅 x 全高(mm) 746 x 599 x 719
騒音レベル(dB(A)/7m) 84

主な特長

国内の業界で初の空冷ディーゼルインバータ発電機

  • ディーゼルインバータ発電機としては国内最小の定格出力2.0kVAを実現しました。
  • 定格出力時には18時間(50Hz)の連続運転に加え、防音設計により夜間での工事現場でも安心して作業が行えます。また投光機にも搭載可能なサイズなため、夜間での明かり確保にも使用できます。
<投光機にも搭載可能>
  • インバータ方式の採用に加え、万が一燃料・オイルが漏れた場合でも外部への流出を防ぐオイルフェンス(防油堤機能)の標準搭載で環境にも配慮し、マイクなどの音響機器や精密機器を使用するお祭りや野外イベントなどあらゆるシーンで電力を供給することができます。
<オイルフェンス標準搭載>

※発表時点、ディーゼルエンジン搭載のインバータ発電機において。

<ヤンマーについて>

1912年に大阪で創業したヤンマーは、1933年に世界で初めてディーゼルエンジンの小型実用化に成功した産業機械メーカーです。「大地」「海」「都市」のフィールドで、産業用エンジンを軸に、アグリ、建機、マリン、エネルギーシステムなどの事業をグローバルに展開し、お客様の課題を解決するソリューションを提供しています。ヤンマーは“A SUSTAINABLE FUTURE-テクノロジーで、新しい豊かさへ。-”をブランドステートメントに掲げ、次の100年へ向けて持続可能な社会の実現に貢献していきます。

  • ニュースリリースに記載されている内容は、記者発表時点のものです。最新の情報とは内容が異なっている場合がありますのでご了承願います。

【商品に関するお問い合わせ先】

ヤンマー建機株式会社各支店、営業所、または、ヤンマー建機商品取扱販売店
https://www.yanmar.com/jp/dealerlocator/?cat1=50

【報道関係者お問い合わせ先】

ヤンマー ブランドコミュニケーション部 広報担当
E-mail: koho@yanmar.com

過去のニュース一覧

ディーゼルインバータ発電機「YDG200VSi」を発売についてのサポート・お問い合わせ