エネルギー - お知らせ

エネルギーシステム事業における「カーボンニュートラル事業推進室」の設置について

2021年03月02日
ヤンマーホールディングス株式会社

ヤンマーホールディングス株式会社のグループ会社であるヤンマーエネルギーシステム株式会社(本社:大阪市、社長:山本 哲也、以下YES)は、脱炭素社会の実現に向け、3月1日付で東京およびドイツを拠点とした「カーボンニュートラル事業推進室」を設置しました。

これまでYESはバイオガス発電の推進など、地産地消のカーボンニュートラルに貢献する取り組みを行ってきました。この度、世界各国で加速する脱炭素の動きに対応すべく、環境への貢献と新たなエネルギーを活用した新規事業創出に向けた組織を設置し、より積極的にカーボンニュートラルの推進に取り組んでまいります。国内では情報集約において重要な東京に拠点を置き、再生可能エネルギー先進国であるドイツと連携しながらステークホルダーとの協力関係構築と早期の事業化を目指します。

組織概要

組織名:ヤンマーエネルギーシステム㈱ カーボンニュートラル事業推進室
拠点:東京、ドイツ(Dusseldorf)
室長:ヤンマーエネルギーシステム㈱ 取締役 尾形 宏仲(おがた ひろなか)
設置日:2021年3月1日

<ヤンマーについて>

1912年に大阪で創業したヤンマーは、1933年に世界で初めてディーゼルエンジンの小型実用化に成功した産業機械メーカーです。「大地」「海」「都市」のフィールドで、産業用エンジンを軸に、アグリ、建機、マリン、エネルギーシステムなどの事業をグローバルに展開し、お客様の課題を解決するソリューションを提供しています。ヤンマーは“A SUSTAINABLE FUTURE-テクノロジーで、新しい豊かさへ。-”をブランドステートメントに掲げ、次の100年へ向けて持続可能な社会の実現に貢献していきます。

プレスリリース資料のダウンロード

  • ニュースリリースに記載されている内容は、記者発表時点のものです。最新の情報とは内容が異なっている場合がありますのでご了承願います。

【報道関係者お問い合わせ先】

ヤンマー ブランドコミュニケーション部 広報グループ
E-mail: koho@yanmar.com

過去のニュース一覧