ニュースリリース

ヤンマーグループ新本社ビルの建設着工について

2013年01月29日
ヤンマー株式会社

昨年3月、創業100周年を迎えたヤンマー株式会社は現在、次の100年に向けて、創業の地である大阪市北区梅田に、新本社ビルの建設準備をすすめてまいりました。

本日(1月29日)関係者出席のもと、起工式を執り行い本体新築工事に着工いたしました。

ヤンマーグループ新本社ビルには、環境性能に優れた、ガスヒートポンプエアコンやマイクロコージェネレーションシステムなどの自社製品の採用に加えて、太陽光・太陽熱発電システムなど最新の環境技術の数々を導入し「ZEB(ゼブ)」※1化を目指すとともに、建築物の環境性能総合評価指標である「CASBEE(キャスビー) 大阪みらい」においても最高ランク(Sランク)を実現する計画です。またビル外観は、これからの100年の航海に漕ぎ出す「ヤンマーブランドの象徴」として、船の舳先をイメージしたものとし、創業の地に根ざす100年企業の新本社オフィスとしてふさわしい品格と機能を創出してまいります。

1. ヤンマーグループ新本社ビル計画概要:

  1. 所在地:大阪市北区茶屋町1-32
  2. 建物概要:鉄骨・鉄筋コンクリート造・地下2階・地上12階・塔屋2階 建
    延べ床面積 約21,000m2、中間免震構造等を採用し災害対策を強化
  3. 建築主:セイレイ興産株式会社
  4. 完成時期:2014年10月(予定)

【建物完成イメージ図】

建物完成イメージ図

2. ヤンマーグループ新本社ビルへ採用予定の環境配慮設備(一例):

  1. ヤンマー製ガスヒートポンプエアコンシステム
  2. ヤンマー製コージェネレーションシステム
  3. 太陽光発電(PV)システム
  4. 上記の各システムを最適に制御する自社独自の省エネ運転システム
  5. 自然採光用ボイド・外壁ルーバー・壁面緑化等を採用した建物構造・設備

3. ヤンマーグループ新本社ビル竣工後のCO2排出削減目標値※2

一般的なオフィスビルと比較して、57%のCO2排出削減を達成する見込み。
(注:上記はヤンマーオフィスフロアにおける竣工時の計画数値です)

4. ご参考:ヤンマーグループ新本社ビル竣工後の運用計画について:

現時点における竣工後のビル運用計画は以下のとおりです。

  • B2〜地上4階:商業ビルフロア
  • 5階:中間免震階
  • 地上6F〜最上階:ヤンマーグループ本社オフィス

【注記語句のご説明】

  • ※1 Zero CO2 Emission Building(略称 ZEB(ゼブ))
  • ※2 オフィス床面積あたりのCO2排出量の削減目標値(単位:-CO2/m2・年)

以上

<注記>
ニュースリリースに記載されている内容は、記者発表時点のものです。最新の情報とは内容が異なっている場合がありますのでご了承願います。

本件に関するお問合せ先

ヤンマー株式会社 総務部・広報グループ
TEL:06-6376-6212 FAX:06-6372-2455 E-MAIL:koho@yanmar.co.jp

過去のニュース一覧