ニュースリリース

「YANMAR PREMIUM BRAND PROJECT」について 〜一兆円企業を目指して 大地、都市、海へのあらたな貢献〜

2013年03月27日
ヤンマー株式会社

ヤンマー株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:山岡健人)は、昨年3月に創業100周年を迎えました。
本年4月、次の100年に向け、成長へ大きく舵を切ります。

2015年に売上高7000億円を、その先には1兆円企業グループへの成長を目指し、かつてないチャレンジを展開すべく、次の3つの柱を掲げ、あらたな成長戦略を推進してまいります。

1.『ソリューショニアリング』の更なる進化

これまでの100年で培った技術力とノウハウに大胆な企画・提案を融合させ、お客様に感動を与え続ける企業を目指します。

2.重点海外市場の深堀り

アジア、欧米における農機・建機市場。また、世界のヤンマーのブランドネームの源泉でもある欧米マリン市場へ。

3.新事業分野の開拓

食とエネルギー領域であらたな事業展開をはかっていきます。

そして、このあらたな成長への取り組みを加速させるべく、全社でブランドイメージを統一化し、世界中にヤンマーの持つ本質的価値を発信する「YANMAR PREMIUM BRAND PROJECT」を始動します。

コミュニケーションを統轄する立場にクリエイティブディレクター・佐藤可士和氏を起用。また、世界的工業デザイナー・奥山清行氏を取締役に迎え、プロダクトデザインをダイナミックに刷新。みずからの価値を高め、グローバル市場を牽引するより強い企業として成長していきます。

YANMAR PREMIUM BRAND PROJECT

私たちヤンマーを取り巻く社会の意識は、近年、大きく変化しています。食の品質・安全性へのこだわり。環境問題への関心。代替エネルギーへの期待。そして何よりも、自然と調和したより豊かなライフスタイルを求める志向。わずか十数年前と比べても、価値観の変化はめざましいばかりです。こうした中、食料生産とエネルギー変換の分野で世界的に評価されてきたヤンマーの使命もまた、かつてないほど重要になっています。

食とエネルギーを支えるヤンマーの事業。それは、次の3つのフィールドで展開されます。大地(農業)、都市(エネルギー・建設機械)、海(マリンインダストリー)。従来、ともすれば社会を黒子的に支える役割と捉えられてきたこれらのカテゴリーを、世界最先端のエンジニアリング力と大胆な企画・提案により進化させたい。

「Solutioneering」を掲げる企業として。お客様の想像をこえるソリューションで、お客様の生涯価値を高め、産業そのものの価値までも高めていきたい。次の時代の高付加価値領域、すなわちプレミアムフィールドへ。お客様と共に進んでいく。そのような思いで、大地・都市・海の新しい未来を描いてまいります。

プロジェクトを強く推進するために、具体的取り組みとして次の活動をしてまいります。

ブランドイメージの統一
総合プロデューサーとしてクリエイティブディレクター・佐藤可士和氏を迎え、コミュニケーション全体を統轄。全てのコミュニケーション領域で新しいヤンマーをトータルに打ち出していきます。
デザイン・開発力の強化
世界的工業デザイナー・奥山清行氏が取締役に就任。KEN OKUYAMA DESIGNがヤンマーの全商品のデザインを手がけ、これからの商品のあり方をダイナミックに発信していきます。
ブランドの浸透・ファン層の拡大
世界で活躍するファッションデザイナー・滝沢直己氏を迎え、アパレルプロジェクトを始動。
新しい農業にふさわしい機能的でファッショナブルな農業専用ウェア、マリンライフをより楽しくするプレミアムマリンウェアから手がけます。
意欲的なファーマーと生活者を直接結ぶ「プレミアム・マルシェ」を東京・大阪・上海・バンコクにて展開。
同時に朝日放送で時代を牽引する最先端農家とプレミアム野菜のレシピを紹介するテレビ番組を開始し、農業に関わる新しいライフスタイルを先ずは日本から、そしてアジアの国々に発信。新しい「農」をクリエイトしていきます。
オフィシャル・グローバル・パートナーを務めるマンチェスターユナイテッドのアジアツアー2013「ヤンマープレミアムカップ」を7月26日に開催。この前日にヤンマーが提案する新しいコンセプトのプロダクツとプレミアムウェアをマンチェスターユナイテッドの選手を招いて発表。
本年9月にサンフランシスコで行われる世界最高峰の国際ヨットレース「アメリカズカップ」において前回チャンピオンチーム
「オラクルチームUSA」のオフィシャル・テクニカル・パートナーとして、これまでたくわえてきた海に関わるノウハウ、技術で強力にサポート。

日本で、世界で、かつてない驚きと喜びを次々と。
あらたなプレミアムフィールドに向けて動きだす、新しいヤンマーにご期待ください。

<注記>
ニュースリリースに記載されている内容は、記者発表時点のものです。最新の情報とは内容が異なっている場合がありますのでご了承願います。

本件に関するお問合せ先

ヤンマー株式会社 総務部・広報グループ
TEL:06-6376-6212 FAX:06-6372-2455 E-MAIL:koho@yanmar.co.jp

過去のニュース一覧