ニュースリリース

ヤンマーミュージアムでコンセプトトラクターYT01をゴールデンウィーク中 期間限定で展示します!

2014年04月17日
ヤンマー株式会社

ヤンマー株式会社(本社 大阪市北区 社長 山岡健人)が、創業100周年記念事業の一環として、創業者生誕の地である長浜市に、昨年3月に建設致しましたヤンマーミュージアムは、おかげさまでオープン以来、約1年で実に11万人以上ものお客様にご来館いただきました。

「ここにしかない感動」をコンセプトとして、工夫をこらした数々の体験型展示と、モノづくりの楽しさを実感いただけるワークショップは来館者から大変ご好評をいただいています。

今般、ゴールデンウィーク期間中の特別展示として、ヤンマーホールディングス(株)の取締役である奥山清行が手がけた、コンセプトトラクター「YT01」を期間限定で一般公開いたします。

フェラーリ エンツォ、JR東日本 秋田新幹線こまち など数々の優れたデザインを世に送り出してきた、世界的工業デザイナー奥山清行による未来のトラクターYT01。次の200年目を目指すヤンマーが提案する“新たな農の姿”を直接ご覧いただける数少ない機会です。みなさまのご来館を心よりお待ちしております。

1.コンセプトトラクター 一般公開日

2014年4月29日(火)より5月6日(火)まで

【ご参考】ヤンマーミュージアムウェブサイト(GW中の開館日などご参照ください) : http://www.yanmar.co.jp/museum/

2.コンセプトトラクター 展示場所

ヤンマーミュージアム館内(農業ゾーン)

3.その他のみどころについて

  1. 3月14日にオープンした新展示ゾーン「研究開発ゾーン」では、ヤンマーホールディングス取締役である奥山清行が手がけてきた、コンセプトトラクターをはじめとする数々のコンセプト製品が誕生するに至った経緯を紹介しています。あわせて、“斬新かつ使い勝手の良い商品デザインが生み出されるプロセスとその仕組みづくり”について、奥山自身へのインタビュー映像(約10分間のモニター映像)で来館者へリアルに伝えます。
  2. 奥山自身による貴重な手書きアイデアスケッチの数々や、ヤンマーの開発者達との技術交流の姿を豊富なグラフィックで紹介します。ものづくりのプロセスを知っていただくことで、“ものづくりの楽しさと感動”をすべての来館者に実感いただけます。
  3. “国内初”導入となる、最新鋭の建設機械シミュレーターシステムを体験いただけます。最新鋭の建設機械シミュレーターに搭乗して、実物同様のリアルな操作が体験できます(要当日予約)。最新シミュレーターにより、商品の縮尺模型や実物大粘土模型などを制作することなく、商品の操作性や快適性などが事前に確認可能な“最新の開発手法”が体験できます。

【ご参考資料】

<コンセプトトラクターYT01>

コンセプトトラクターYT01

<国内初導入の建設機械シミュレーター>

国内初導入の建設機械シミュレーター

以上

<注記>
ニュースリリースに記載されている内容は、記者発表時点のものです。最新の情報とは内容が異なっている場合がありますのでご了承願います。

本件に関するお問合せ先

ヤンマー株式会社 総務部・広報グループ
TEL:06-6376-6212 FAX:06-6372-2455 E-MAIL:koho@yanmar.co.jp

過去のニュース一覧