ニュースリリース

高い経済成長が続くトルコに駐在事務所を開設

2016年08月31日
ヤンマーホールディングス株式会社

ヤンマーホールディングス株式会社(本社:大阪市 社長:山岡健人)は、トルコにおいてこのたび現地駐在事務所を開設します。順調な経済成長を続けるトルコ市場において、現地での情報収集・マーケティング活動の強化に取り組んでまいります。

1.現地駐在事務所設立の背景と目的

2023年に建国100周年を迎えるトルコは、近年高いGDP成長率を維持しており今後もさらなる成長が見込まれている中東エリアにおける経済大国です。またトルコは農業GDPにおいて欧州で第1位、世界でも7位の農業大国であり、当社の主力事業である農業機械の販売拡大が見込めます。さらに現地での旺盛な建設需要やさかんな海上交易を背景に、小型建設機械・船舶用エンジンについても今後も安定した需要が期待できます。このようにトルコは当社にとっても今後大きなビジネスチャンスが見込める有望国です。
このたびの駐在事務所設立により、当社は現地における顧客ニーズの把握を迅速におこなうとともに、マーケティング機能の更なる強化によりトルコ市場の開拓を積極的にすすめていきます。

2.現地駐在事務所の概要

  • 拠点名:ヤンマーホールディングス株式会社 トルコ駐在事務所
  • 所在地:トルコ共和国 イズミール市
    (住所)Adalet Mah, Manas Bulvari, No:39 Folkart Towers B Kule K:20 D:2004 Bayrakli IZMIR
  • 設立日:2016年8月24日
  • 所長:Mr. Mustafa Kemal ERDOGAN

<ヤンマーについて>

1912年に大阪で創業したヤンマーは、1933年に世界で初めてディーゼルエンジンの小型実用化に成功しました。以来、産業用ディーゼルエンジンを事業の柱とし、さまざまな市場へ商品・サービス・ノウハウを融合したトータルソリューションを提供する総合産業機械メーカーです。小型エンジン、大型エンジン、農業機械・農業施設、建設機械、エネルギーシステム、マリン、工作機械・コンポーネントの7事業を有し、グローバルにビジネスを展開しています。
「自然と共生し、食料生産とエネルギー変換の分野でお客様の課題を解決するとともに、未来へつながる社会とより豊かな暮らしへの貢献」をミッションステートメントに掲げ、世界の「都市」「大地」「海」の事業フィールドで、資源循環型社会“A SUSTAINABLE FUTURE”実現への貢献を目指しています。
詳しくは、「ヤンマーについて」をご覧ください。

【本件に関するお問合せ先】

ヤンマー ブランドコミュニケーション部 広報グループ
E-mail: koho@yanmar.com

  • ニュースリリースに記載されている内容は、記者発表時点のものです。最新の情報とは内容が異なっている場合がありますのでご了承願います。

過去のニュース一覧