ニュースリリース

北米における顧客体験強化のための戦略的拠点「YANMAR EVO//CENTER」をオープン

2017年11月07日
ヤンマー株式会社

YANMAR EVO//CENTER
<YANMAR EVO//CENTER>

ヤンマー株式会社(本社:大阪市、社長:山岡健人)のアメリカ現地法人であるYANMAR America Corporation (ヤンマーアメリカ) は、11月4日(アメリカ現地時間)、製品最新モデルの展示とともに、お客様や販売店にさまざまなトレーニングを提供する「YANMAR EVO//CENTER」(ヤンマーエヴォセンター)をジョージア州アトランタに設立し、ジョージア州知事、アトランタ商工会議所、地域住民を招いての開所式を開催しました。「YANMAR EVO//CENTER」の“EVO”は、「Evolution(進化)」を意味し、“//” は「前向きな姿勢」や「前進」を表しています。

本拠点は製品トレーニングルームでの技術研修をはじめ、営業、マーケティング、サービス、経営管理などの研修プログラムも実施していきます。また、敷地内に設けられた実演ほ場では、製品の実演や、購入を検討されているお客様の試乗体験、さらに安全講習なども行います。展示室では、最新のヤンマー製品の展示に加えて、歴代の製品展示やビデオ上映、パネル展示などで100年を越えるヤンマーの歴史を紹介します。また今後は、野菜の直売所を設けて新鮮な野菜を地元の方々に提供していくことや、さらに地域の教育機関とも連携し、子供や学生たちに農業体験などの機会を提供していくことなど予定しています。

<施設概要>

施設名:
「YANMAR EVO//CENTER」(ヤンマーエヴォセンター)
所在地:
アメリカ ジョージア州アトランタ
設立:
2017年11月4日(現地時間)
敷地面積:
約4,650m2
主な設備:
トレーニングルーム(6部屋)、セミナールーム(3部屋)、実演ほ場、イベントホール(250席)、食堂(200名席)、展示室、事務所、会議室
WEBサイト:

<ヤンマーについて>

1912年に大阪で創業したヤンマーは、1933年に世界で初めてディーゼルエンジンの小型実用化に成功しました。以来、産業用ディーゼルエンジンを事業の柱とし、さまざまな市場へ商品・サービス・ノウハウを融合したトータルソリューションを提供する総合産業機械メーカーです。小型エンジン、大型エンジン、農業機械・農業施設、建設機械、エネルギーシステム、マリン、工作機械・コンポーネントの7事業を有し、グローバルにビジネスを展開しています。

「自然と共生し、食料生産とエネルギー変換の分野でお客様の課題を解決するとともに、未来へつながる社会とより豊かな暮らしへの貢献」をミッションステートメントに掲げ、世界の「都市」「大地」「海」の事業フィールドで、資源循環型社会“A SUSTAINABLE FUTURE”実現への貢献を目指しています。
詳しくは、「ヤンマーについて」ページをご覧ください。

【本件に関するお問合せ先】

ヤンマー株式会社
ブランドコミュニケーション部 広報グループ
E-mail: koho@yanmar.com

  • ニュースリリースに記載されている内容は、記者発表時点のものです。最新の情報とは内容が異なっている場合がありますのでご了承願います。

過去のニュース一覧