ニュースリリース

第36回アメリカズカップの「オフィシャル・マリン・サプライヤー」にヤンマーが決定

2018年09月03日
ヤンマー株式会社

下記内容は、現地時間8月31日17:00(日本時間9月1日1:00)に英国にて、America’s Cup Event Limited、Challenger of Record 36、ヤンマー株式会社が共同発行したリリースの参考和訳です。

<アメリズカップ記者会見>

アメリカズカップは、ヤンマー株式会社(本社:大阪市、社長:山岡健人)を第36回アメリカズカップの「オフィシャル・マリン・サプライヤー」に決定したと発表しました。同大会は、世界最古のスポーツトロフィーで、世界トップレベルのセイラーが最高の性能のヨットで競うマリンスポーツの最高峰の大会です。また、過去の大会から多くの技術革新が生み出されました。

今回のアメリカズカップは、2021年3月にニュージーランドのオークランドで開催されます。レースは2019年秋に地中海を皮切りに開始されます。その後12ヶ月をかけて、一流のヨットクラブから選抜されるチームが、AC75ヨットをチーム毎に設計・建造し、2020年に北米とアジアで開催される「アメリカズカップワールドシリーズ」に参戦します。

ヤンマーのディーゼルエンジンは、大会の成功に不可欠な役割を果たすレースマネージメントボートに搭載されます。また、ヤンマーは、大会で使用される革新的なディーゼルエンジンのみならず、同社のマリン製品を大会期間中に展示します。

「The America’s Cup World Series presented by Prada」は、2019年9月にイタリアで5つのグローバルイベントと共に開始します。「The Christmas Cup」は、2020年12月にニュージーランドのオークランドで開催されます。アメリカズカップのタイトルホルダーである「Emirates Team New Zealand」チームへの挑戦権を掛けた戦いである「The America’s Cup Challenger Series presented by Prada」は、2021年1月中旬にオークランドで開始し、大会決勝である「The 36th America’s Cup Match presented by Prada」は2021年3月に同都市で開催されます。

チャレンジャー オブ レコード36 CEO Laurent Esquier氏のコメント

「私達はヤンマーの第36回アメリカズカップ参加を歓迎します。『オフィシャル・マリン・サプライヤー』として、ヤンマーは全てのレースをサポートします。ヤンマーは、世界中で繰り広げられるレースに、想像以上に素晴らしいオペレーションで大会の成功に貢献してくれることを信じています。」

ヤンマー株式会社代表取締役社長 山岡健人のコメント

「アメリカズカップは、世界最高峰のマリーン・エンジニアリング、デザイン、流体力学、造船技術が結集されたマリンスポーツの最高峰の大会であり、当社が『オフィシャル・マリン・サプライヤー』に選定されたことを大変光栄に思います。今回の選定は、100年以上の年月を経て蓄積した当社の技術と知識が世界最先端のレベルであると認められた証だと思います。当社は、『オフィシャル・マリン・サプライヤー』として、大会の成功のために責任を果たしていきます。」

<ヤンマーについて>

1912年に大阪で創業したヤンマーは、1933年に世界で初めてディーゼルエンジンの小型実用化に成功しました。以来、産業用ディーゼルエンジンを事業の柱とし、さまざまな市場へ商品・サービス・ノウハウを融合したトータルソリューションを提供する総合産業機械メーカーです。小型エンジン、大型エンジン、農業機械・農業施設、建設機械、エネルギーシステム、マリン、工作機械・コンポーネントの7事業を有し、グローバルにビジネスを展開しています。
「わたしたちは自然と共生し、生命の根幹を担う食料生産とエネルギー変換の分野でお客様の課題を解決し、未来につながる社会とより豊かな暮らしを実現します」をミッションステートメントに掲げ、世界の「都市」「大地」「海」の事業フィールドで、資源循環型社会“A SUSTAINABLE FUTURE”実現への貢献を目指しています。

【報道関係者お問合せ先】

ヤンマー株式会社
ブランドコミュニケーション部 広報グループ
E-mail: koho@yanmar.com

  • ニュースリリースに記載されている内容は、記者発表時点のものです。最新の情報とは内容が異なっている場合がありますのでご了承願います。

過去のニュース一覧