ニュースリリース

第36回アメリカズカップの大会公式VIP艇となる高性能クルーザー「X47 Express Cruiser」のイメージ先行公開

2019年07月10日
ヤンマー株式会社

<スポーティーなボディーラインと力強いエンジン、広々とした内装を実現した「X47 Express Cruiser」>

ヤンマー株式会社(本社:大阪市、社長:山岡健人)は、ヤンマーブランドのフラッグシップモデルとなる高性能クルーザー「X47 Express Cruiser」のイメージを先行公開しました。同モデルは、2019年末に発売を予定しています。革新的な「X47 Express Cruiser」は、世界トップレベルのセイラーが最高性能のヨットで競うマリンスポーツの最高峰に位置づけられる「第36回アメリカズカップ(タイトルスポンサー:プラダ)」のVIP艇として使用される予定です。本艇は、2020年から世界各国で開催される「アメリカズカップ ワールドシリーズ(タイトルスポンサー:プラダ)」、2021年3月にニュージーランドのオークランドで開催される決勝大会を含む全レースで活用されます。

ヤンマーは、同大会のオフィシャルマリンパートナーとして、世界をリードするマリンエンジニアリング技術に裏付けられた高性能で優れたパワーと高い信頼性を誇るディーゼルエンジンを搭載したモーターヨットを提供します。

「X47 Express Cruiser」は、アメリカズカップとのコラボレーションを通じて、ヤンマーのブランド力の向上に貢献します。

ヤンマーホールディングス株式会社 取締役 奥山清行のコメント

パワーボートとキャビンクルーザーをフュージョンしたデザインでヤンマーブランドの新しいアイコンとなる「X47 Express Cruiser」のコンセプトは、「エクスプレスクルーザー」で、レクリエーション用のボートとして非常にユニークです。
「X47 Express Cruiser」は、なめらかな船体と驚くほど大胆なキャラクターラインで、外観はパワーボートのように見えますが、キャビン内は広々としたスペースがあり、非常に使いやすいデザインで仕上げたクルーザーです。世界最高峰のイベントであるアメリカズカップの観戦に訪れる方々に、今まで経験したことが無いような素晴らしいクルージングを提供します。

「X47 Express Cruiser」ティザームービー

<ヤンマーについて>

1912年に大阪で創業したヤンマーは、1933年に世界で初めてディーゼルエンジンの小型実用化に成功しました。以来、産業用ディーゼルエンジンを事業の柱とし、さまざまな市場へ商品・サービス・ノウハウを融合したトータルソリューションを提供する総合産業機械メーカーです。小型エンジン、大型エンジン、農業機械・農業施設、建設機械、エネルギーシステム、マリン、工作機械・コンポーネントの7事業を有し、グローバルにビジネスを展開しています。
「わたしたちは自然と共生し、生命の根幹を担う食料生産とエネルギー変換の分野でお客様の課題を解決し、未来につながる社会とより豊かな暮らしを実現します」をミッションステートメントに掲げ、世界の「都市」「大地」「海」の事業フィールドで、資源循環型社会"A SUSTAINABLE FUTURE"実現への貢献を目指しています。

  • ニュースリリースに記載されている内容は発表時点のものです。最新情報とは内容が異なっている場合がありますのでご了承願います。

【報道関係に関するお問合せ先】

ヤンマー株式会社
ブランドコミュニケーション部 広報グループ
E-mail: koho@yanmar.com

過去のニュース一覧