ニュースリリース

ヤンマーブランドのフラッグシップモデル、高性能クルーザー「X47 Express Cruiser」をタイガー ウッズ主催のゴルフ大会にて初披露

2019年12月09日
ヤンマー株式会社

<The X47 in the waters of The Bahamas>

ヤンマー株式会社(本社:大阪市、社長:山岡健人)は、ヤンマーブランドのフラッグシップモデルとなる「X47 Express Cruiser」を、ヤンマーが協賛するタイガー ウッズ主催の米PGAツアー外競技「ヒーロー ワールド チャレンジ」にて初披露しました。同大会は、バハマで12月4日から4日間に渡り開催されました。

ヤンマーホールディングス取締役の奥山清行がデザインした「X47 Express Cruiser」は、船舶用エンジンに強みを持つヤンマー、イタリアのヨットメーカーの「Azimut Yachts」社、プロゴルファーのタイガー ウッズ氏、アーニー エルス氏、歌手のジャスティン ティンバーレイク氏、英国の著名投資家であるジョー ルイス氏らが共同で創設した高級リゾート開発や資産マネジメントを中心に世界の富裕層に向けたサービスを提供する「NEXUS Luxury Collection」が協業して完成しました。

「X47 Express Cruiser」の開発における各社の役割は以下の通りです。

  • ヤンマー:プロジェクト全体プロデュース、並びに内外装デザイン、舶用ディーゼルエンジンの搭載とエンジンコントローラーの開発
  • Azimut Yacht:詳細設計と生産
  • Nexus Luxury Collection:企画開発段階における富裕層マーケットのニーズ分析、製品デザインの監修、販売ネットワークのパートナー
<Yanmar's Ken Araki and Christopher Anand of NEXUS with the X47 Express Cruiser>

「X47 Express Cruiser」は、47フィートのクルーザーで、第36回アメリカズカップ(タイトルスポンサー:プラダ)の公式VIPクルーザーとして全大会に提供され、VIPの方々に上質で快適な空間を提供します。同船は、ヤンマーの8LVディーゼルエンジンを3基とZT370スタンドライブを搭載した加速性と、ジョイスティックコントロールシステムによる離着桟時の操舵性に優れたクルーザーです。また、同船のインテリアは、2つのスイートキャビン、ラウンジ、キッチンを完備します。自然光が差し込むリビングスペースでは、イタリア製の洗練された素材が使われ、美しく快適な空間がゲストに非日常的な体験を提供します。

「X47 Express Cruiser」ビデオ: https://youtu.be/GGLT1c3QIWg

「X47 Express Cruiser」の主な仕様

全長 14.53m
測度長 14.25m
全幅 4.25m
喫水 1.13m
重量 14.7t
エンジン Yanmar 8LV370 x 3
最高船速 40kts
巡航速度 33kts
燃料タンク容量 1,200L (317gal)

<ヤンマーについて>

1912年に大阪で創業したヤンマーは、1933年に世界で初めてディーゼルエンジンの小型実用化に成功しました。以来、産業用ディーゼルエンジンを事業の柱とし、さまざまな市場へ商品・サービス・ノウハウを融合したトータルソリューションを提供する総合産業機械メーカーです。小型エンジン、大型エンジン、農業機械・農業施設、建設機械、エネルギーシステム、マリン、工作機械・コンポーネントの7事業を有し、グローバルにビジネスを展開しています。
「わたしたちは自然と共生し、生命の根幹を担う食料生産とエネルギー変換の分野でお客様の課題を解決し、未来につながる社会とより豊かな暮らしを実現します」をミッションステートメントに掲げ、世界の「都市」「大地」「海」の事業フィールドで、資源循環型社会"A SUSTAINABLE FUTURE"実現への貢献を目指しています。

  • ニュースリリースに記載されている内容は、記者発表時点のものです。最新の情報とは内容が異なっている場合がありますのでご了承願います。

【報道関係者お問い合わせ先】

ヤンマー ブランドコミュニケーション部 広報グループ
E-mail: koho@yanmar.com

過去のニュース一覧