ニュースリリース

米由来の食材ライスジュレが プラントベース喫茶店「KOMEDA is □」のメニューに採用

2020年07月22日
ヤンマーホールディングス株式会社

<ライスジュレが使用されている「コメパンケーキ もっちりフルーツ」>

ヤンマーホールディングス株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:山岡健人)が販売する米由来の食品素材「ライスジュレ」は、株式会社コメダ (本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:臼井興胤)が運営するプラントベース喫茶店「KOMEDA is □東銀座店(7月15日オープン)」のメニューに採用されました。

「KOMEDA is □」は、環境負荷の少ないプラントベース(植物由来)の食材を使用したメニューを提供する喫茶店で、同店の国産米粉を使用したパンケーキ「もっちり抹茶」・「もっちりsioメープル」・「もっちりフルーツ」の材料の一部としてライスジュレが採用されました。

ライスジュレは、お米と水のみを原料とした100%植物由来の食材です。保水性、保油性、増粘、ゲル化の機能があり、パンやお菓子の材料として使用いただくことで、もっちり・しっとりとした食感を生み出します。お米に新しい付加価値を創出することで、米の消費拡大と農業の活性化を目指し、ヤンマーが生産・販売している商品です。今後もヤンマーは、お米の新たな価値創出への貢献および安心・安全な食の提供を目指してまいります。

「KOMEDA is □(コメダイズ)」について

WEBサイト:http://komeda-is.com

ライスジュレについて

WEBサイト:https://premiummarche.com/read/ricegelee.html

<米由来の食材「ライスジュレ」>

<ヤンマーについて>

1912年に大阪で創業したヤンマーは、1933年に世界で初めてディーゼルエンジンの小型実用化に成功した産業機械メーカーです。「大地」「海」「都市」のフィールドで、産業用エンジンを軸に、アグリ、建機、マリン、エネルギーシステムなどの事業をグローバルに展開し、お客様の課題を解決するソリューションを提供しています。ヤンマーは“A SUSTAINABLE FUTURE-テクノロジーで、新しい豊かさへ。-”をブランドステートメントに掲げ、次の100年へ向けて持続可能な社会の実現に貢献していきます。

  • ニュースリリースに記載されている内容は発表時点のものです。最新情報とは内容が異なっている場合がありますのでご了承願います。

【報道関係者お問い合わせ先】

ヤンマー ブランドコミュニケーション部 広報グループ
E-mail: koho@yanmar.com

過去のニュース一覧